書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:クリストファー・ノーラン ( 2 ) タグの人気記事
2015年 08月 25日
インセプション 【印象度:70】
2010年のアメリカ/イギリス映画。レンタルDVDで見ました。

他人の夢の中に入り込んで、自由に行動できる技術があるという世界設定。

他人の夢に入り、アイディアを盗むことをビジネスとして営んでいるのが、
主人公のディカプリオ。

とある会社の経営者、渡辺謙が、
ライバル会社の跡継ぎの潜在意識をいじるように
ディカプリオに依頼するという話。

と、ここまではまだノーマルな想像の領域なのですが、

これに、
夢の中でも夢を見る、その夢でまた夢を見る・・・という夢のネスト構造、
ネストの奥の奥まで入り込んで行けるという設定と、
夢の中では時間の進みが遅くなるという設定が重ねられ、
一気に複雑になります。

(私体験で恐縮なのですが、
夢から覚めて、重たい体を鞭打って、大変な思いをして起きてみたものの、
実は夢から覚めたのは夢で、まだ寝床に寝ていた・・・以下ループ。
という悪夢に陥ったことがある私ですが、
この発想は考えつきませんでした。感心しました。)


と、ここまでは、何とかついて行けるのですが、

これに、
薬の調合だの、目覚めても虚無に陥るだの、
細かい設定が、説明っぽく後付けされるので、
わー、めんどくさー!となってしまいました。

それと、夢に荒唐無稽なところが少なく、全然夢っぽくない感じですね。
夢と現実を区別がしづらいことが、その後の展開にも関わってくるので、
登場人物の感覚と視聴者の感覚が乖離しないよう調整した部分もあるのでしょう。


序盤でやたら複雑さ、めんどくささを感じた割には、
終盤、それなりにスッキリまとまって納得感はありました。
細かいところは理解できてないと思いますが。


P.S.
音声:英語、字幕:日本語 に設定したのに何故か
音声:日本語、字幕:英語 で再生され、何度設定をいじっても変わらず。
最初の登場人物が日本人で日本語をしゃべっていたというトラップでした。
日本人に見えんし。アフレコで吹き替えみたいだし。


インセプション [DVD]
by camuson | 2015-08-25 22:07 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 06日
メメント 【印象度:87】
2000年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

ドラマチックなストーリーづくりのための便利アイテムとして、
「記憶喪失」は、実に多くの作品で使い古されてきた感があります。


本作は、前向性健忘症(ある時点から新しく記憶をすることができない)
という、これまであまり馴染みのなかった種類の記憶喪失を患う主人公の
心理状態および行動を話の中心に据えて、
時間軸を逆転させて描写することにより、
受け手に対して、
主人公と同様の混乱状態を体感させることに成功しています。
他のご都合主義的な記憶喪失ものとは完全に一線を画していると言えます。

受け手は、主人公に同化し、感情移入するも、
作品が終わった時点で、記憶を辿り、事実をつなぎ合わせて、
このストーリーを終わらせることができます。

一方、主人公は、記憶障害により、それができないため、
ストーリーの中の無限ループを彷徨うことになります。

人間の記憶とはあやふやなもので、
しばしば都合良く書き換えられるもののようです。
では、書き換えたい記憶がそもそもない場合どうなのか?
その一つの答えとして、たいへん興味深いです。


メメント [DVD]
by camuson | 2011-07-06 19:39 | 映画 | Trackback | Comments(0)