書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ケン・ローチ ( 2 ) タグの人気記事
2015年 12月 29日
11'09''01/セプテンバー11<6.イギリス> 【印象度:60】
「11'09''01/セプテンバー11」の6番目の作品。イギリス篇。
レンタルDVDで見ました。

1973年9月11日に発生したチリ・クーデターの虐殺から逃れて、
イギリスに亡命したチリ人のおじさんによる
同じく9月11日に発生した米国同時テロで家族、友人を亡くした人たちへの手紙。

口ずさみながら、書き進めていくのですが、
途中で歌い出したりもします。

手紙の内容は、
1973年に米国のニクソン大統領、キッシンジャー国務長官、CIAが、
ピノチェト将軍を全面支援して、クーデターを起こさせ、
自由選挙によって国民に選ばれた社会主義者アジェンデ大統領を殺害、
3万人と言われる市民虐殺を誘引した「自由に対する攻撃」と

2001年のブッシュ大統領の演説「テロは自由に対する攻撃」を対比させ、
「おまいう」的な矛盾を浮かび上がらせるというもの。


長編映画が何本も作れるような題材を短い尺によくまとめたなと思いますが、
予備知識がない中での初見では、さらりと流れてしまう印象。
何回か見直すと理解が深まります。


セプテンバー11 [DVD]


関連記事: NO 【印象度85】
アメリカの支援を受けつつ四半世紀続くピノチェト軍事独裁政権の
末期の国民信任投票を題材にした映画
by camuson | 2015-12-29 23:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 03日
麦の穂をゆらす風 【印象度:75】
2006年のアイルランド/イギリス/ドイツ/イタリア
/スペイン/フランス/ベルギー/スイス映画。
パルム・ドール受賞作。レンタルDVDで見ました。

舞台は1920年くらいのアイルランド。
アイルランド独立戦争と休戦条約締結後のアイルランド内紛を扱っています。

青々とした草に覆われているものの、どこか寒々しい感じがするアイルランドの片田舎。
草木の緑だけが鮮やかな原色で、人の生活にかかわるものは、落ち着いた褐色。
そんな片田舎にも英国軍による支配の手が伸び、反抗的な者が次々と殺されていく中、
暴力には暴力で対抗するほかないと、独立闘争に身を投じていく男達が描かれます。

密告により、主人公一味は英国軍に一網打尽にされてしまいますが、
主人公の兄に対して行われた、ペンチで手の爪を剥ぎ取る拷問には、
思わず身がよじれました。
人体破壊としては、最も軽い部類にもかかわらず、
痛さ100倍ってのが、つくづく不思議な器官です。

いろいろとあった後、殺し合いが過熱したところで、休戦条約が結ばれますが、
軍隊による暴力的支配から、非暴力的支配への移行という妥協案に対して、
条約を受け入れて、段階的に独立に向かおうとする条約賛成派=国防軍と
死んでいった戦友の意志を背負い、一気に独立を勝ち取ろうとする条約反対派
との対立が生じます。

民衆がひとたび武力を手に入れてしまい、
なまじ独立戦争を戦って、殺さなければ殺される状況が日常化していたため、
個々人の意志が凛々しいまでに強く、しっかりしているほど、
コントロールを失ってグダグダになるという。
結果、独立戦争を戦ったもの同士による殺し合いに発展します。

世界中で起きた、または、起きている内紛も、
似たようなケースは多いんだろうなあと感じました。


(おまけ)
ヒロインはそこそこ美人なのですが、
英国兵に襲われて、泣き叫び、顔が崩れたときに、
なぜか久本雅美を連想してしまい、
それ以降、雰囲気がぶち壊しになってしまいました。
まったく持って、こっちの落ち度ですが(笑)

(メモ)
映画カテゴリにおいて、ゐ、ゑ、を、んを除く実質的コンプリート達成。


麦の穂をゆらす風 プレミアム・エディション [DVD]
by camuson | 2012-05-03 21:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)