書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ジョナサン・フー/グエン・ファン・クアン・ビン ( 1 ) タグの人気記事
2014年 03月 30日
SONG OF THE STORK コウノトリの歌 【印象度:50】
2001年のベトナム/シンガポール映画。レンタルDVDで見ました。

アメリカから見たベトナム戦争ではなく、
ベトナムから見たベトナム戦争ということで、
希少なこともあり、期待して鑑賞しました。

現在から過去を振り返るドキュメント風の構成になっていて、
前半は従軍カメラマンによる、北ベトナム軍兵士の軍隊生活の回想、
後半はマッサージ師による、ベトコン軍人によるスパイ活動の回想、
と思われるのですが・・・

驚くべきことに、
回想していると思われる人物が、回想劇の主要人物として登場しないので、
無用な混乱を生んでいるのですよね。
そんなこととはつゆ思わないので、現代・過去の切り替え部分で、
「で、誰?」と当惑してしまいます。

さらには、前半と後半のエピソードにストーリー上の絡みがないので、
どちらも中途半端で、散漫な印象が拭えません。残念なところです。

前半のエピソードを、もっと泥臭く深堀りするか。
後半のエピソードを、もう少しドラマの背景が伝わるように深堀するか。
あえて、2つ欲張らず、どちらか一方で良かったかも知れません。

興味深かったのは、ベトナムの軍隊に結構な数の女性兵がいたことです。
若い女性が、髪も長いまま、軍帽に軽装で、
男性兵に混じって行軍していたりします。
そういえば、「フルメタル・ジャケット」にも女性兵士がいたことを思い出しました。
(ネタバレになるので、これ以上詳しくは言及しません)

自国が戦地になるということは、
民間人、女性や子供が戦争に巻き込まれ殺傷される苛酷な状況なのですが、
かたや軍隊に目を向けると、軍人と民間人の垣根が低くなり、
軍隊特有の組織維持のための厳しさや緊張感は希薄になるようで、
よその国に乗り込む軍隊を見慣れた目には新鮮でした。


SONG OF THE STORK コウノトリの歌 [DVD]
by camuson | 2014-03-30 20:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)