書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ジョルジュ・メリエス ( 2 ) タグの人気記事
2012年 03月 27日
日食 【印象度:40】
1907年のフランス映画。モノクロサイレンス短編。
原題:The Eclipse

月世界旅行から5年後の作品ですが、
技術的な面での成長の色がまったく見られず、
作品としてもスケールダウンしています。

人間の顔が嵌め込まれた太陽と月が少しずつ近付いて重なるところでは、
外国人らしく表情の動きは大きいのですが、メリハリがないので、
今ひとつ笑いどころがわからないです。

望遠鏡で観測していた天文学者(ジョルジュ・メリエス本人)
が窓から落っこちて、樽に嵌るところなどは、
8時だよ全員集合の原型的なものが見て取れます。
樽から出してもらった後に手足をばたつかせるアクションに
妙にキレがあるところに、多少なりの成長の色を見いだせた気がしました。


作品内容とは関係ないですが、デジタル処理の粗さがひどいもので、
画面全体に細かいモザイクがかかっているような感じです。
本作より古い「月世界旅行」の方では全く問題なかったので、
どういう経緯でこうなったのか、とても気になりました。


ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]
by camuson | 2012-03-27 22:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2012年 03月 26日
月世界旅行 【印象度:65】
1902年のフランス映画。モノクロサイレンス短編作品。
原題(仏語)Le Voyage dans la Lune (英語)A Trip to the Moon

amazonのレビューにもあったのですが、
後から取って付けた英語の音声解説と日本語字幕解説が、
デフォルトで載っかっているため、
音声と字幕を消して見た方がいいですね。

映画黎明期の作品ですが、
作者の、人を驚かしたいという茶目っ気、
遊び心がふんだんに盛り込まれていて楽しめます。

カメラを固定した状態での舞台演劇になっているのですが、
書き割りは絵画的で、幻想的でありながらリアルに描かれていて、
コメディでありながら格調高い雰囲気があります。

特に月に到着してから、地平線から地球が空を昇っていくシーンは、
なかなか感動的です。

月人とのバトルに発展しますが、次から次へと出てくる月人のやられアクションは
ショッカーの原型と言っても過言ではなく、
当時としてはかなり画期的なものだったのではないでしょうか。
評価したいところです。


ジョルジュ・メリエスの月世界旅行 他三編/映画創世期短編集 [DVD]
by camuson | 2012-03-26 21:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)