書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:スティーヴン・スピルバーグ ( 3 ) タグの人気記事
2014年 02月 26日
構想の死角 【印象度:70】
1971年のアメリカのテレビ映画。刑事コロンボシリーズ第3作目。
BD-BOX版で、英語音声、日本語字幕で視聴。

完全分業制のコンビ推理作家が主役。
内1人は作品は書かず、もっぱら渉外・マスコミ対応担当。
自分が作品を手掛けているかのようにふるまい、
世間的に作家として名が通っているという設定です。
そこに、作品担当がコンビ解消を持ちかけ、揉めることに。
作品書かない担当が、作品書く担当を計画的に殺害するというお話。

75分程度と短く、殺害方法にあまり凝った工作はなく、
コロンボの追及もそれほどねちっこくない感じ。

犯人の最期の一言、オチのキレで勝負するタイプです。
全体的に緊張感がなく、退屈気味だったのですが、
終わりよければ、かなりよく感じます。

あやふやな記憶では、コロンボが最後、複雑な心境と表情で終わる
似たようなパターンがいくつかあったような・・・。
シリーズにおいてひとつの雛形を作り上げた作品と言えますかね。


刑事コロンボ コンプリート ブルーレイBOX [Blu-ray]
by camuson | 2014-02-26 21:54 | テレビ | Trackback | Comments(0)
2011年 09月 14日
プライベート・ライアン 【印象度:91】
1998年公開のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

冒頭、マルエツとかライフあたりで購入した服を着た人達が
墓参りをしているシーンから始まります。
そこから一気に1944年6月6日、
オマハ・ビーチに向かう米軍上陸用舟艇内に場面が移り、
息をつく間もない怒濤の上陸作戦の中に投げ込まれます。
海岸に設置されたトーチカから発射される銃弾のシャワーの中、
後続部隊に場所を空けるためにも、
累々と積み重なる屍を超えてとにかく前に進むしかないという
地獄絵図を体感するだけでも相当な価値があるというものです。

話の中身は、
兄弟全員が戦死したと母親に報告するのは忍びないとする軍上層部の命令により、
4人兄弟の中で、まだ生きている可能性のある1人を、
混乱する戦線の中から探し出して、
無事帰還させる任務を与えられた兵士達の物語です。
この部分はフィクションだそうで、実際あまりリアリティはないのですが、
現場を知らない上官による、美談づくりのための不合理な司令などは、
いかにもありそうなことで、そのへん皮肉が効いています。

終盤、再び現代の墓地のシーンに戻るのですが、
月並みな構成ではありますが、
ここで時の流れが凝縮されて、ドンとぶつかって来て、
グッときます。

冒頭と末尾の墓地シーンでは、風にはためく星条旗が大写しになるのですが、
これは、本作が星条旗の下に死んでいった兵士達への弔いであること、
そして、あくまでアメリカ合衆国からみた戦争の一端であることを
潔く示しているものと私はとらえました。
ことさらUSA!アゲとかUSA!流ごり押しとかではないと思います。

プライベート・ライアン [DVD]
by camuson | 2011-09-14 23:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 05日
太陽の帝国 【印象度:70】
1987年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。
J・G・バラードの原作小説は未読です。

舞台は1941年から1945年までの上海。
主人公は上海租界に住むイギリス人少年で、
ゼロ戦の模型を肌身離さず身につけている飛行機っ子。

イギリス人居留地に日本軍が侵攻した際に、
避難民の群れに流されて、少年は、両親と離れ離れになってしまい、
そこから少年のサバイバルがはじまります。
最終的には日本軍が管理する民間人収容所?に収容されますが、
貧しいながらも、食料と安全と行動の自由がそこそこ与えられており、
その中で、したたかに成長していく少年の体験記となっています。

連合国側の立場でありながら、日本に対して敵国としての先入観のない少年による
戦時の記録という意味で、他にあまり類がなく貴重だと思います。
また、上海租界の街の雰囲気、群集シーンの迫力など映像は見ごたえがあります。

だが、しかし、エンターテインメントとして、あまり面白くないのですよね。
それぞれのエピソードをうまく束ね切れていなくて、推進力がない感じです。

日本軍人役を伊武雅刀やガッツ石松など日本人が演じているなど、
それなりにリアル志向の作品で、
日本人以外が見てもなんら違和感はないのでしょうが、
それでも日本人が見れば、おかしな描写が多々あり、
それはそれで楽しめます。

太陽の帝国 特別版 [DVD]
by camuson | 2011-06-05 01:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)