書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:デヴィッド・リンチ ( 3 ) タグの人気記事
2011年 09月 07日
デューン/砂の惑星 【印象度:45】
1984年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。
原作小説は未読です。

TOTOが音楽で参加しているのは聞いたことがあったのですが、
映画を見るまでには至っていませんでした。

さて、作品の感想です。
確固とした設定がありそうな雰囲気ながら、実に説明不足で、
原作はさぞかし壮大な世界観のSFなのだろうなと思わせます。

ですが、その壮大な世界観が、ストーリーとうまく絡むところがなく、
奥行きがまったく感じられない、
そこら辺に転がる勧善懲悪ものに成り下がっているようです。

SFとしての新鮮な驚きがほとんどなく、ワクワク感もありません。
(スティングが出てきたときは想定外でかなり驚きましたが)

部分的には、ちょっと面白いところもあります。
宙に浮かぶデブのおできの汁の描写や、
唾液をまき散らしながらしゃべる熱演です。
ヒーロー達の鼻チューブコスチュームも少し斬新です。

デューン 砂の惑星 【HDリマスター版】 [DVD]
by camuson | 2011-09-07 22:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2010年 05月 02日
マルホランド・ドライブ 【印象度:80】
2001年公開の米・仏合作映画。監督はデヴィッド・リンチ。
レンタルDVDで観ました。

万全の態勢で見なかったのは失敗でした。
女の人が歌っているシーンで眠くなったので中断して、
明け方、寝ぼけたまま、続きを見たのですが、どうも話がつながりません。

あまりにつながらないので、抜けがあったかと思いましたが、そうでもなさそうです。

ちょっとしてから、特典映像でも見るかと思ってPS3を点けたら、
何故か日本語吹き替えで再生し始めたので、そのまま見ることにしました。
吹き替えだとずいぶん雰囲気が軽くなってしまいますね。
日本語だと饒舌になってしまって上滑りするというか、
特にカウボーイの淡々とした凄みが感じられませんでした。

とりあえずは、2回観たことで話は少し見えてきました。

前半と後半でパラレルワールドが描かれています。
前半、失われた記憶がミステリィの軸になっていますが、
アイテム使用により強制的にパラレルワールドに移行。
後半、主要人物が入れ替わった展開による新たなミステリィで煙に巻かれます。
いろいろと考えるとドツボに嵌りそうです。

個々のシーンのつくりこみがすばらしく、印象的なのですが、
それらが作品を通してうねりとなって、感動を生むかというと、
そうでもなく、モヤモヤした後味が残ります。
モヤモヤを解消しようともう一度見ようなどと考えると泥沼に嵌りそうです。

ナオミ・ワッツが初々しさと卑屈さをよく演じています。
ローラ・ハリングは迫力のある美人で、単体だと可憐さも備えているのですが、
ナオミ・ワッツと一緒にいると、顔が膨張して見えてしまいますね。

マルホランド・ドライブ [DVD]
by camuson | 2010-05-02 02:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 21日
ブルーベルベット 【印象度:80】
1986年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・リンチ。
DVDレンタルで観ました。

ディテールにこだわることで、異様な雰囲気を放っていますね。

撮りたい絵が先にあって、それをつないでいるといったふうで、
特に感動するストーリーがあるわけではありませんが、
見入ってしまう魅力があります。

脅しと暴力以外のコミュニケーション手段を持てない男の役を、
デニス・ホッパーが変態的に好演しています。

ホッパーの鬼気迫る演技が、あまりにリアルで、
何故か思わず笑ってしまうところが多いのです。
会話のほとんどすべての単語の間にfxxkが挟まっていたりするのもそうですが、
興奮すると持参した吸入マスクを鼻と口にかぶせて、スーハーするなんて、
不気味で怖い反面、危険が及ぶエリア外から見てる分にはどこか笑えます。

特典映像のインタビューによると、そういうシーンの撮影時に、
監督が大笑いしていたとのことなので、
やはり、笑っていい映画なのだとホッとしました。

オカマのオッサンも、凄みがありました。
あそこでボディーブローとか、空気が読めてますね。

主人公役のカイル・マクラクランは、歳の割には可愛い感じですね。

歌手役のイザベラ・ロッセリーニは、歳相応ですね。

娘役のローラ・ダーンは、若いのにおばあちゃんみたいでかわいいですね。
終盤、二股されていたことを怒るシーンで、熱演過ぎて、
口の形がひょうたん形?赤レンジャーの目の形?になっていて
これまた思わず笑ってしまいました。

ブルーベルベット [DVD]
by camuson | 2010-04-21 20:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)