書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ポール・アンダーソン ( 1 ) タグの人気記事
2006年 03月 13日
バイオハザード 【印象度:80】
e0020682_2328292.jpg「バイオハザード」 2002/08公開
出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ, ミシェル・ロドリゲス, その他
監督: ポール・アンダーソン
(C)2002 CONSTANTIN FILM PRODUKTION GMBH/NEW LEGACY FILM LTD.

↑ゲームでもトラップはあるけれど・・・
 こいつはちょっとキビシすぎ!! ハーブじゃ治りそうにないし(^^;

こないだ映画「TRON」について書いたが、2枚1組で借りたもう1枚がこの「バイオハザード」。
原作となるカプコンのビデオゲーム「バイオハザード」シリーズのファンなので、ちょっと気になってた作品。

中学、高校、大学とファミコン類を完全にスルーした私が、ゲーム専用ハードを買う気になったのは社会人になってからで、そのきっかけが「バイオハザード」だったりする。

さて、映画はゲームとはまったくの別物。

下手に原作と同じ土俵でやっていたら、駄作になっていたかな。ゲームでのインタラクティブな臨場感を一度味わってしまった者からすれば、映画化(一方向二次元化)は体感の次元が一つ後退するようなもの。原作のカット集になりかねない。

それは作者も心得ているようで、原作を彷彿とさせる部分を残しつつも、原作とは別に映画として楽しめる作品に仕上がっている。

まず、作品の持つ空気が対照的。原作では闇の深さ、空気の重さに息苦しささえ感じるが、映画は近未来的な地下研究施設が舞台で、人工的で均質な光に覆われた生活臭ゼロの空間は空気そのものを感じさせない。

原作では新たな空間に歩を進めるとき、扉の開閉音が静寂の中に鳴り響く。時間にして5秒くらいだろうか。その間、まだ見ぬ扉の向こう側に対するおののきが増大し、否が応でも心拍数が高まっていく。恐怖の演出としては秀逸であった(扉による演出と、ダンジョンの複雑化のために動線計画がいささか不自然な建物だらけだったりするorz)。これに対して映画でのホラーの比重はあまり大きくない。原作との勝負をあえて避けたのかもしれない。

原作にはない映画オリジナルのシナリオとして、人工知能を擁したメインコンピュータが人間の制御下から離れ、逆に人間世界を制御するというコンセプトが持ち込まれている(このような設定自体は非常にありがちで、たまたま一緒に借りた「TRON」ともかぶっていたorz)。これにより、人工知能視点というちょっと面白い視点が取り入れられ、更に特殊部隊のマッピングシステムの視点が加わり、そこにCG映像をふんだんに盛り込むことで表現が多面的になり、見る者を楽しませてくれる。

映画の中には原作を思い出させるような要素がいくつか散りばめられている。それは、洋館のインテリアであったり、地下列車であったり、黒と黄色の縞であったり、主人公の失われた記憶として何回かフラッシュバックする彫像であったり(原作は謎解きとの絡みもあり、不自然なまでにやたらと彫像が出てくるのだorz)。ただ原作とのリンクが感じられたのはラストの車で埋め尽くされた街を俯瞰するシーンくらいか。最後にとってつけたような感もあるが、なんとなく次作を期待させる効果あり。というか、これで次作がなければ成り立つまい。


バイオハザード BD [Blu-ray]
by camuson | 2006-03-13 21:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)