書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:マイケル・ケイトン=ジョーンズ ( 1 ) タグの人気記事
2014年 06月 24日
ルワンダの涙 【印象度:86】
2005年のイギリス/ドイツ映画。レンタルDVDで見ました。

1994年に発生したルワンダでのフツ族によるツチ族の大虐殺を扱った作品。

原題はShooting Dogs。
劇中で、自衛以外に銃を使うことが許可されていない国連軍の大尉が、
「衛生管理上、虐殺死体に群がる野犬の銃殺が許可されたので、
銃声があっても驚かないでくれ」というシーンがあります。
これに対して突っかかる神父の台詞から判断するに、
自分に害が及ぶ前に、予防措置として相手を襲撃し、
犬を殺すように虐殺することの意が含まれていると推察されます。
民族間の複雑な歴史があるのでそこまで単純ではないのでしょうが・・・

それに引き替え、邦題はわかりやすいのですが、少し甘ったるいし、深みがないですね。


公立技術学校に英語教師としてルワンダにやってきた英国人青年の目を通して、
まずは校内での平和的な交流が描かれますが、
フツ族であるルワンダ大統領の暗殺を機に、フツ族によるツチ族の虐殺が始まり、
これまで親しく接してきた友人が虐殺加害者に変貌する様、
虐殺を前になすすべのない国連軍が難民を見捨てて撤収する様などが描かれて行きます。
主人公も残るべきか撤収するべきか決断を迫られます。


虐殺者達はもはや民兵ではなく、
フツ族一般民衆が鉈や棍棒を持って、ツチ族をなぶり殺している状況で、
狂気の沙汰ではあるのですが、
種族団結の高揚感を共有するための行為として瞬時に一般化されてしまう、
恐ろしくも、不思議な感覚に捕らわれました。
あり得ることだなと納得できるリアル感がありました。


虐殺を生き残り、九死に一生を得た人たちが、
スタッフとして製作に関わっていることが、
作品のリアリティの獲得に大きく貢献していると思われます。


ルワンダの涙 [DVD]
by camuson | 2014-06-24 22:09 | 映画 | Trackback | Comments(0)