書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ムスタファ・アッカド ( 2 ) タグの人気記事
2013年 07月 01日
砂漠のライオン 【印象度:85】
1981年のリビア/アメリカ/イギリス映画。レンタルDVDで見ました。

1911年にイタリアは伊土戦争に勝利し、
オスマン帝国からリビアを奪い植民地として位置づけ、
統制に向けた武力侵攻を開始します。

それに立ち向かうリビア遊牧民のリーダーが主人公で、
その勇敢さから「砂漠のライオン」の異名を持つオマル・ムフタール。

一方、その敵役として、侵攻軍を統率するのは、
その苛烈さから「リビアの屠殺屋」の異名を持つ、
ロドルフォ・グラッツィアーニ。

同じ砂漠の戦争を扱った「アラビアのロレンス」に比べると、
構図がわかりやすいですね。
「アラビアのロレンス」は、言っても、
イギリスによるイギリス人をヒーローにした映画です。

本作は、アラブ人をヒーローにした映画で、
製作に米英が参加していますが、
ムッソリーニ時代のイタリア王国は米英からすれば敵国ということもあるのか、
残虐非道な侵略行為を比較的容赦なく描写していると思います。


騎馬隊vs戦車隊と武力の差は歴然としているものの、
地の利を味方につけた知略により、それなりに戦えている様子は、
なかなか面白いです。


砂漠のライオン [DVD]
by camuson | 2013-07-01 22:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 30日
ザ・メッセージ 砂漠の旋風 【印象度:70】
1976年のモロッコ/リビア/イギリス/アメリカ映画。
英語版(日本語字幕あり)をレンタルDVDで見ました。

AD610年頃、イスラム教の開祖マホメット(ムハンマド)が、
メッカの外れで山ごもりの最中に神の啓示を受けるところから、
弟子や信者が弾圧を受け、メッカを離れ布教を進め、
メッカの旧宗教勢力との武力闘争に打ち勝ち、
メッカに帰還・凱旋するまでが描かれています。

ほとんど馴染みのないイスラム教の初期の歴史について、
わかりやすく映像化した貴重なものとなっています。
ストーリーとしてひねりが期待されるような類のものではないので、
わかりやすいのは何よりです。

宗教上マホメットの映像化が許されていないため、
マホメットは常に画面の外にいて、
神秘的なBGMを流すことによってその存在を示すなどの
工夫が面白いです。


Wikipedia英語版によると、
本作の監督であるムスタファ・アッカド(シリア系アメリカ人)は、
ハリウッドでは製作資金が集められず、
最終的に、リビアのカダフィ大佐が製作資金を提供したとのことです。
制作費1千万ドルですから、結構な大作です。

監督曰く、イスラム教について西洋でほとんど知られていないことに驚き、
西洋に暮らすイスラム教徒として本作製作の義務感に駆られたとのことです。

なるほど、イスラム教の教えは同じ一神教であるキリスト教の教えと大きな差はないと、
作中で登場するキリスト教司教に言わせるなど、
キリスト教徒が見ることを前提に、配慮した演出がなされているようです。

アラビア語版が英語版と同時に製作されていますが、
アラビア語版は中東向けにキャストと演出を変えているとのことです。
見比べると面白いのでしょうが、
こちらは簡単には入手できなさそうです。

同監督は、後「ハロウィン」の製作総指揮などで知られますが、
2005年、結婚式出席のため、ヨルダンの首都アンマンを訪れた際、
自爆テロに巻き込まれ亡くなっています。


ザ・メッセージ [DVD]
by camuson | 2013-04-30 19:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)