書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:モハマド・アリ・タレビ ( 1 ) タグの人気記事
2010年 07月 07日
柳と風 【印象度:80】
1999年のイラン映画。レンタルDVDで鑑賞しました。
イラン映画界の第一人者アッバス・キアロスタミによる脚本。
監督はモハマド・アリ・タレビ。


子供の頃は、些細なことが、当人にとっては一大事。
狭い視野での思いこみや、甘い判断も、
大人になってふり返ってみれば、いい笑い話になったりするものです。

本作品は、そんなテイストで話が進みながらも、
実は、些細なことが、ほんとに一大事じゃないですか~!という、
なんとも非合理で、不条理な世界を描き切っています。

ある日のこと、
数日前に教室のガラスを割ってしまった少年が、
担任の先生から、今日中に直さないと学校を辞めてもらう、
と言われてしまいます。

途中は省きますが、
少年はお金を工面した後に、ガラス屋に行き、
サイズも曖昧なままにガラスをカッティングしてもらい、
長手寸法が少年の身長ほどはある板ガラスを、
下端を両手に載せ、上端をあごで支えながら、
暴風雨が吹きすさぶ中、数キロ離れた学校まで、運ぶことになります。

何の罰だよ、と思ってしまいがちですが、罰とかじゃなくて、
ガラスを修理するインフラが発達していないだけ、というか、
サービスを商品として扱う概念がない世界なんですね。たぶん。
なので、買ったガラスは自分で運んで、建物にパテで固定しなければなりません。

そんなこんなで、笑い話どころか、あまりの不条理に、
後半は、歯痒いを通り越して、思わず歯ぎしりしてしまいそうになります。

1999年のイラン映画ですが、
さすがにリアルタイムではないと思われ、
作者の子供時代を、脚色して描いたものなんでしょうかね。

まあ、ここまで極端ではないにしろ、
不便ゆえに、無駄なことをやってたよなぁ~、
と昔の生活を懐かしんでみたり、
便利な世の中になったよなぁ~、
と今の生活に、しみじみと有り難みを感じてみたりするのも、
たまには、いいかも知れませんね。

WILLOW AND WIND
by camuson | 2010-07-07 21:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)