書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:モルテン・ティルドゥム ( 1 ) タグの人気記事
2015年 03月 31日
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 【印象度:80】
2014年のイギリス/アメリカ映画。
劇場鑑賞@池袋HUMAX。18:20~。
2013年12月のまどか☆マギカ以来1年4ヶ月ぶりの劇場鑑賞です。

土曜日にテニスを12:30から2時間やって、
その後飲み食いしてもまだ明るかったため、
気の向くまま、久しぶりに映画館に行くことに。
最新作の動向などまったく追ってないわけで、
ネットで調べて、前知識のないまま、
評判の良さそうな本作をみることに。


第二次大戦時に敵国ドイツの暗号情報解読を成し遂げた英国人の
実話に基づく物語。
主人公は学者で、天才肌な変人で、研究第一で友達できないタイプ。
元々チームワークという概念を持たず、孤立気味だったのですが、
実力はあるので、チームのリーダーの座を勝ち取ります。
使えないスタッフを解雇し、優秀な人材を集めることに。
選抜試験のクロスワードパズルを自分よりも早く解いた女性がチームに加わり、
その美人で優秀な女性に触発され、
チームに打ち解ける努力をするようになります。
暗号解読のための機械(コンピュータの原型)を開発し、
難易度の高い暗号をなんとか解読するというのが前半。

暗号解読の喜びも束の間、話が暗転するのが後半。

後半、ナルホドと思わせる展開なのですが、
前半の予定調和的な流れがちょっとイマイチでした。
暗号解読において、劇中ひらめきで解読にいたった手法は、
本来、基本のキだと思うのですが、どうなのでしょう?

あと、二重スパイが発覚するところが、
いまいちピンと来ないというか、
思わず膝を打つような切れ味がないというか。
何で見つかるかなぁという。

また、物語の中にチューリング・テストを組み込んだのが、
いたずらに複雑になってやしないかと。

さらには、天才主人公の現在の人間性に至る説明として、
しばしば学生時代の回想劇が挟まるのですが、
現在の凜々しい人間像(内面・外見共)と乖離しているのが、
違和感が残ります。

以上のような気になるところを除けば、
総じて、地味目な話を地道に密度高くつくり込んでいるなと思いました。
by camuson | 2015-03-31 19:41 | 映画 | Trackback(6) | Comments(0)