書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ルネ・ラルー ( 2 ) タグの人気記事
2014年 06月 22日
かたつむり 【印象度:60】
1965年発表のフランスの短編アニメ。
ファンタスティック・プラネット」のBlu-ray DISCに
映像特典として入っていたものを見ました。

菜っ葉を育てる親父と巨大カタツムリの話。
ファンタスティック・プラネットよりもラフなスケッチで、
手書きの太い線が目立ち、
ちょっと汚い感じがしなくもないギリギリのライン。
笑いのセンスは悪くありません。

つくりが雑な分、カタツムリの触覚部分など、
型紙を切り抜いて動かしているしくみが見て取れ、
なるほどこういうことかと納得できます。


ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]
by camuson | 2014-06-22 16:22 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 20日
ファンタスティック・プラネット 【印象度:88】
1973年発表のフランスアニメ。Blu-ray DISCを購入視聴しました。

青い肌、赤い眼球、魚の鰭状の耳を持つ巨人ドラーグ族と、
そのペットとして飼われる人間オム族の話。

主人公の飼い主である巨人の女の子が、
賢くて、母性本能もあり、結構可愛いんですよね。

主人公が飼い主から逃げ出し、知恵をつけ始め、
種族間闘争に発展していきます。

アニメーション技法はコマごとにキャラクターを描くセルアニメではなく、
紙に描いたキャラクターをハサミで切り取り、
背景画の上にのせて動かすというものです。

セルアニメの場合は、コマの連続性を保つ必要性から、
しばしば境界部をはっきりさせるデフォルメがなされますが、

本作の場合は、描いた絵を動かす手法であるため、
手書きの細かい線のタッチ、絵心が残っていて、
日頃見慣れているアニメとはずいぶんと風合いが違います。
バンド・デシネの世界を動画にしたような感じでしょうか。


不思議な造形、タッチ、色合いで描かれる幻想的景色と
BGMとして流れるプログレッシヴ・ロックサウンドが
とてもよくマッチしていて、相乗効果で幻想世界が更に広がります。


ファンタスティック・プラネット [Blu-ray]
by camuson | 2014-06-20 21:25 | アニメ | Trackback | Comments(0)