書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:ヴィットリオ・デ・シーカ ( 2 ) タグの人気記事
2014年 09月 23日
ひまわり 【印象度:75】
1970年のイタリア映画。レンタルDVDで見ました。

序盤は、いいおっさんとおばさんが海岸で抱き合ったりして、
どうしたものかなと思ったのですが、
32歳という年齢を聞いて、
意外と若い設定だったことに、麒麟淡麗グリーンラベル吹きました。
日本人の感覚だとそれでも年齢を考えろとなりますが・・・

でも、後半の渋い演技に照準を合わせた結果、
仕方なかったんだなと納得しました。

個人的には、
ロシア戦線に送られた男が、
九死に一生を得て本当にラッキーだなという思いが強く、
他にいくらでもあったであろう悲しい別離と相対化されて、
まったく悲しい気持ちにならなかったんですよね。

戦争とはあまり関係なしに、
男と女の出会いや運命の儚さや切なさに、
ジンときました。

追伸
テーマ曲(ひまわり「愛のテーマ」)に聞き覚えがあるなと思い、
真っ先に市川崑の金田一シリーズが思い浮かんだのですが、
犬神家の一族「愛のバラード」と混同したようです。


ひまわり HDニューマスター版 [DVD]
by camuson | 2014-09-23 17:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 21日
自転車泥棒 【印象度:60】
1948年のイタリア映画。モノクロ。
レンタルDVDで見ました。

戦後の貧しいイタリアで、
失業中の男が、職安から自転車保有が条件の職を紹介され、
質に入れていた自転車をなんとか取り戻すも、すぐに盗まれてしまい、
職を失わないために命がけで盗まれた自転車を探すという話です。

テーマは卑近で、貧しい庶民目線ですが、
映像は小綺麗で、汚い貧困は一切映っておらず、
今の感覚からするとリアルとはほど遠く、逼迫感も薄いのですが、
その代わり洗練された映像に感心しました。
質に入れたシーツを受け取った質屋の係員が、
4~5階相当の高さのある収納棚によじ登るシーンは結構な見物です。
贅沢な空間だなおい。と思ってしまいました。
自転車もシステマティックに保管されてるし。
この質屋すごい。なかなかできよる。


本作はネオレアリズモの代表作。
ネオレアリズモとは、
虚飾的なファシズム文化の反動として起こった、
現実に立ち返り、目を向ける芸術活動の流れのようです。


自転車泥棒 [DVD]
by camuson | 2014-07-21 17:34 | 映画 | Trackback | Comments(0)