書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:井筒和幸 ( 1 ) タグの人気記事
2011年 07月 31日
パッチギ! 【印象度:65】
2005年公開の日本映画。
時の人、高岡蒼甫氏が出演した作品ということで、DVDをレンタルして見ました。
こんな機会でもないと、なかなか見ることがありませんからね。

1968年の京都の朝鮮学校(高校)に通う朝鮮人(主に不良)と
主人公の日本人高校生を含めた青春群像劇。

高岡蒼甫は朝鮮学校の不良のリーダー役で、
その妹が沢尻エリカで、
その妹に主人公の塩谷瞬が惚れているというのが大枠です。

前半、血の気の多い喧嘩シーンが延々と続き、
泥臭さとコミカルな味付けなのですが、
これがとにかく面白くなくてとても辛かったです。
監督のアイデンティティというかこだわりの部分だと思われ、
好き嫌いが別れるところでしょうね。

後半は、それなりにドラマが展開されて、かなり持ち直しました。

総じて、ふんだんに集めた若手の役者がきちんと演技をしていて好感が持てました。

特に、劇中で高岡氏に孕まされる楊原京子(現:松永京子)は良かったですね。
たぶん出演者の中ではもっとも美人なのですが、色々がんばっています。
後で、テレビ朝日の深夜番組「虎の門」の「こちトラ自腹じゃ!」という
井筒監督の映画批評のコーナーでフォロー役をしていた娘だと知り、
懐かしく感じました。まだ、テレビが面白かった時代ですね。

主人公の塩谷瞬はキュート。
相手役の沢尻エリカは童顔で顔が小さくて、顔のつくりもちんちくりんなのですが、
体がずんぐりと厚みがあって、そのアンバランスが面白くて魅力的ですね。
いままで全然興味なかったですが。

本作品は、在日朝鮮人社会を扱ってますが、
作者らの懐かしき記憶、過去の風景をベースに、物語を膨らませたものであり、
政治的な意味合いは希薄だと思います。
時代設定が1968年となっていて、全共闘の学生運動も絡めていますが、
熱病的な暴発も含めて人が持つエネルギーがテーマなのかなとは思いました。

パッチギ! (特別価格版) [DVD]
by camuson | 2011-07-31 03:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)