書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:印象度:50 ( 31 ) タグの人気記事
2017年 05月 25日
アイ・ウェイウェイは謝らない 【印象度:50】
2012年のアメリカ映画。レンタルDVD。

世界的に著名な中国人芸術家、アイ・ウェイウェイ(艾未未)
に密着したドキュメンタリー。
見た目からはウェイ系では無いと思われたのですが、
天安門に中指立てたり、ウェイウェイしてるようです。

芸術だけでなく、社会活動にも精力的。
浮浪者のような風貌からはなかなか創造できませんでしたが、
若いときにアメリカに留学して美術を学び、自由を学び、
英語も堪能なようです。

続きを読む
by camuson | 2017-05-25 22:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日
ルー=ガルー 【印象度:50】
2010年のアニメ。レンタルDVD。
京極夏彦の原作小説は未読です。

近未来。
個人の行動がリアルタイムで監視される過度な情報管理社会。
通信手段を介したコミュニケーションが支配的になり、
人と人とがふれあう機会が少なくなっているという世界設定です。

続きを読む
by camuson | 2017-04-27 22:52 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 12日
まぼろしの市街戦 【印象度:50】
1966年のフランス/イタリア映画。DVD購入。

ネットのどこかのレビューで評判が良かったからか、
1年半前(2015年6月)にDVDを購入してました。

そういう使い方はしないでくださいという注意書きを無視して、
蒲団乾燥機を暖房器具として常用しているのですが、
その下敷きになって熱でひしゃげたDVDパッケージが出てきました。
ジャケットを見てみると、先日見た「その男ゾルバ」のイケメン役が、
王冠をかぶってニヤついていたので、これを機に見ることとしました。

続きを読む
by camuson | 2017-03-12 16:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 15日
ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 【印象度:50】
2007年のアメリカ映画。レンタルDVD。
原作小説「石油!」は未読。

主人公の石油山師が、善良な田舎の地権者を丸め込んで、
採掘権を得て、石油を当てて、成り上がるという話で、
その道で成功する人間の、強烈なバイタリティとエゴを
ダニエル・デイ=ルイスが熱演しています。
序盤はなかなかに引きつけられました。

続きを読む
by camuson | 2016-12-15 22:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 24日
ノスタルジア 【印象度:50】
1983年のイタリア/ロシア映画。レンタルDVD。

続きを読む
by camuson | 2016-08-24 22:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 16日
神話と地球物理学 【印象度:50】
1933年発表の随筆。青空文庫 電子書籍版。

続きを読む
by camuson | 2016-08-16 22:33 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 18日
マッドマックス 【印象度:50】
1979年のオーストラリア映画。レンタルDVD。

シリーズ最新作の「怒りのデス・ロード」が面白かったので。


最新作までとは行かないまでも、
「北斗の拳」に影響を与えたということだし、
さぞ化け物級がヒャッハーしていることだろうと想像したのですが・・・

まあ普通の暴走族でした。

調べてみたところ、派手になるの続編からのようですね。

当時としては派手なカー・バイクアクションだったのでしょうが、
今となっては、それほどでもないです。
倒れたバイクの人の後頭部に、
別の倒れたバイクが後ろから突っ込んでいるシーンは、
想定外だろうし、ちょっとヤバいなぁと思いましたが。


広大な大地を舞台にしているわりに、
事件としてのスケールが小さく、しみったれてるなと。
終わり方も続編ありきだったのでしょうか。あまりスッキリしません。

メル・ギブソンがまだ若造です。


マッドマックス(字幕版)
by camuson | 2016-07-18 23:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 18日
11'09''01/セプテンバー11<9.インド> 【印象度:50】
「11'09''01/セプテンバー11」の9番目の作品。インド篇。
レンタルDVDで見ました。

実話に基づいた話。
9・11の犠牲になったパキスタン系アメリカ人のイスラム教徒の青年が、
FBIに犯人扱いされて、遺族は苦しむことに。
最終的には、救助活動中に巻き込まれて亡くなったことが明らかになり、
名誉を取り戻すが・・・という話。

テーマに沿った題材を飾ることなくひねることなく扱った作品です。
面白みには欠けますが、実話に基づいてますから重みはあります。

遺族としては迷惑千万ですね。
FBIも随分とマヌケなことをするものだなぁと。


セプテンバー11 [DVD]
by camuson | 2016-01-18 22:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 30日
11'09''01/セプテンバー11<7.メキシコ> 【印象度:50】
「11'09''01/セプテンバー11」の7番目の作品。メキシコ篇。
レンタルDVDで見ました。

大部分が黒画面で、音声だけで9・11テロ発生時の混乱の様子を流し続けるというもの。
映像は時々フラッシュバック的にワールドトレードセンタービルから落下する人たちが映り、
ビル崩壊映像が映り、最後にメッセージが示されます。

生の素材を使っているので緊迫感はあります。
作家としてオリジナルに作った素材はないのですが、
それでも個性を放っているので、
短編集の一篇としてはありかなと思いました。


セプテンバー11 [DVD]
by camuson | 2015-12-30 15:46 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 09日
鼻 【印象度:50】
1916年発表の短編小説。青空文庫版を読みました。

鼻を熱湯に晒して、
小僧がモミュモミュと踏んづけて、
毛穴という毛穴からから油がニョロ~と出てきて、
その後、毛を丁寧に1本1本抜いて、

といった描写が面白いくらいですかね。

寓意が込められてそうな本筋は、
ど~でもいいです。ど~でも。


ちなみにお茶の水博士の鼻は確か急所だったので、
同じ感じで踏んづけたら死ぬかもですね。


by camuson | 2015-09-09 20:39 | 書籍 | Trackback | Comments(0)