書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:印象度:87 ( 29 ) タグの人気記事
2017年 10月 15日
京極夏彦 巷説百物語 【印象度:87】
2003年公開のテレビアニメ。Blu-ray BOX購入。
原作は未読。

極端にデフォルメされた奇っ怪なアニメーションデザイン、
魅力的な主要キャラクター達、
シリーズ作品としての独特な怪奇物語世界の構築は、
最上級の出来映えだと思います。

続きを読む
by camuson | 2017-10-15 18:03 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 08日
15歳、アルマの恋愛妄想 【印象度:87】
2011年公開のノルウェー映画。レンタルDVD。

いきなり白人の若い女が、ベッドの上でパンツの中に手を突っ込んで、
オナニーしてるシーンから始まり、大爆笑です。

それを見てる飼い犬の顔が神妙で笑いを誘います。

この若い女(15歳、見えないが)が、エロ妄想をするという話です。

続きを読む
by camuson | 2017-02-08 22:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 28日
2001年宇宙の旅 【印象度:87】
1968年のイギリス/アメリカ映画。レンタルDVD。

超有名作ながら見てなかったので今さらながら見ました。

大まかに3つのパートに分かれています。
広大な自然の中で、猿がモノリスを見つけて騒いだりするパート。
科学者たちが、近未来的な宇宙船の中で談笑したり、会議したりするパート。
木星探索のミッションを負った宇宙船のパート。

ストーリーに沿って、イベントシーンを切り取るのではなく、
いかにもありそうな何気ないシーンをつなげることで、
退屈ながら、リアルでゆったりとした時の流れの中で、
自然とイベントが進行します。
ストーリー上あまり関係なさそうなシーンの選択が、
空想の近未来世界に奥行きを与えています。

この手法は今見ても斬新ですね。

ただ、単調なところもあるので、途中何度か寝落ちしそうになりました。
深夜、眠くなったら睡眠して、次の日の深夜に途中から・・・
を何回か繰り返しました。

猿は、着ぐるみの中身がいかにも手足の長い白人で、
猿っぽくないですね。
アリクイみたいな不思議動物と共生しているのは面白いと思いました。
あと、豹に襲われるところはオッと思いました。それくらいですか。

木星探査編は、終盤緊張感があって良かったです。
宇宙船の中が赤い光に満ちているという発想が大胆で美しいです。
コンピュータが最後の方で擦り寄ってきてワロタ。最後はワケワカメ。


2001年宇宙の旅 [DVD]

 
by camuson | 2016-03-28 23:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 02日
人志松本のすべらない話2 【印象度:87】
第1弾からのメンバー入れ替えは1名のみ。
バッドボーイズの佐田からメッセンジャーの黒田へ。

この回は、メッセンジャーの黒田の話が強烈すぎて、他が霞むほどでした。
1番好きなのは島木譲二の話で、2番目はひっくり返った話です。
巻き寿司、給食袋の話も趣があり、ハズレが1つもなかったです。

こんな面白い芸人知らなかった、人生損したと思って、
yutubeで漫才をやっているのを見てみたのですが、
型にはまった古臭い感じであまり面白くなかったです。
人選した人はセンスあるなと思いました。


あと、千原ジュニアの兄の話3連発の最後のは笑いました。
ジュニアにしてはまとまりがないのですが、
それがかえってリアルで鮮やかな感じがしました。
話の糸口としてボケた上戸彩に対して、
千原兄が容赦ないツッコミ(恫喝)を入れるという話で、
あの兄なら十分あり得ると思うわけですが、
それを後ろで見てた哀川翔が大笑いして喜んでたと続き、
大股開いて笑い転げている姿が鮮明に目に浮かぶんですよね。
TV番組を見ず、タレントをあまり知らない私でも笑えるって凄いことです。
知らなきゃ何も面白くない話なので。
人を入れ替えてこれ以上面白い組み合わせも思い浮かびません。

事務連絡:
レンタルDVDだとセルDVDと違って特典が無いようです。



人志松本のすべらない話 [DVD]
by camuson | 2016-03-02 21:34 | テレビ | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 21日
絡新婦の理 【印象度:87】
1996年発表。電子書籍版を購読。

1人の黒幕(絡新婦)が、複数の実行犯、教唆犯、準備班を、
本人達に気付かれないように誘導して、自分の手を汚さずに殺人を実現していく。
誘導の糸を張り巡らして、その中央で獲物を待つ。
というコンセプトがまずありきの作品。

コンセプトありきで、実現が困難な完全犯罪を、
いかに口八丁でエンターテインメント作品に仕上げるか、
作者自ら高いハードルを設定した挑戦的な作品と言えます。

で、実現性が乏しいがゆえに、本格推理が期待できない中では、
まずまずな仕上がりになっていると思います。

ただ、終盤に至るまでは、
ひたすら複雑な伏線の仕込みを読まされている感があります。
(そういうコンセプトなので仕方ないのですが)
あと、ことあるごとにシリーズの既刊作品の登場人物に行き当たり、
ちょっとあり得ないなぁ、世間が狭すぎるなぁ、
読者サービス?が過ぎて節操がないかなぁと感じました。

だがしかし、京極道の憑きもの落としが始まってからは、
仕込みが長かった分、息を着かせぬ怒濤の展開と、
京極道の蘊蓄を楽しめました。


シーン9が終わった段階で、犯人の目星を付けました。
それまで一番怪しいと狙いを付けてた人が、ここに来てちょっと違う感じで、
論拠はないのだけど、あの人が真犯人だとお話として収まりが良さそうな感じ。
確認のため、再度、冒頭のエピローグを読むと、実にしっくりきます。

だがしかし。シーン10。息を着く間もない怒濤の展開。
えーそっちかよ。ノーマーク。
でも冒頭シーンは何だったのか?!

だがしかし。シーン11。やはり・・・


本当に面白いんですけど、改めて実現難易度が高すぎなのが・・・

前半のシーン間に挟まれる男女のやりとりが妖しく隠微なのですが、
初読では何のこっちゃという感じです。
話がつながり、人物を特定できたあとで読み返すと、
まったく違う鮮明な情景が再現され、その落差を楽しめました。
よい構成です。


絡新婦の理(1)【電子百鬼夜行】
by camuson | 2016-02-21 22:25 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 14日
天使のたまご 【印象度:87】
1985年発表のOVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)作品。
Blu-ray DISCを購入して視聴しました。

服の下に大きなたまごを抱え込み、
妊婦のようにお腹を膨らませた少女が、
人のいない古いヨーロッパ風の街並みの中をひたひたと走る様子を、
ひたすら追っていく、前衛的な作品。

少女は白い長い髪で、
キューティクルがダメージを受けてパサついた感じで、
どこか老婆にも見える雰囲気です。

暗くひんやりとした世界。
過剰なディテール。
まるでバンド・デシネの中に入り込んだような感覚。

暗喩の意味が分からなくても、
心地悪くはない、というかむしろ心地いい不思議。

P.S.
根津甚八ってどういうこと?
と思ったが案外悪くなかった。


天使のたまご Blu-ray
by camuson | 2015-08-14 20:23 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 05日
アクト・オブ・キリング 【印象度:87】
2012年のノルウェー/デンマーク/イギリス映画。
レンタルDVDで見ました。

インドネシアで1960年代に起きた100万人規模の大虐殺(赤狩り)の
加害者に密着したドキュメンタリー映画。

当時はプレマン(free manの訛りらしい)と呼ばれる近所のチンピラが、
大虐殺の実行を担っていたということです。
その大虐殺実行者達が何人か集まって、
学芸会よろしく、当時の虐殺を再現したりして、
それを一歩引いてドキュメンタリーとしてまとめたものです。

ちょっと落ち着いたパンチパーマのヤクザ風爺さん。
腹で威圧するタイプの業界人風の仕切りたがりのデブなおっさん。
この2人が主人公ですが、役者だと言われれば疑わないほど、
素人では出せない迫力があります。

何ら悪びれる様子もなく、
簡便な方法として開発した針金で首を絞めるやり方を
実地で解説したりする一方で、

被害者役を加害者が血まみれになって演じてみたり、
虐殺後にみた悪夢に現れる亡霊を前衛的なメイキャップで再現したり、
被害者達が加害者に対して「殺してくれてありがとう」と
次々と口にする妄想を再現したり(それなんて補完計画?)、

加害者達にとって、ある種のセラピーになっているとも受け取れる、
なかなか複雑なことになっていて、

虐殺加害者のドキュメントというより、
この映画を作るプロジェクトに参加する加害者達のドキュメントになっていて、
メタ構造な上に、更に訳の分からんセラピーにもなっているという。
もうね。訳が分かりません。


アクト・オブ・キリング オリジナル全長版 2枚組(本編1枚+特典ディスク) 日本語字幕付き [DVD]
by camuson | 2015-06-05 21:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 16日
ヒドゥン・フェイス 【印象度:87】
2011年のコロンビア・スペイン映画。レンタルDVDで見ました。

山椒魚は悲しんだ。T_T

酔っ払って音楽に合わせて指揮者のまねごとしちゃうこと。
アルアル(笑)わかるよ、うんうん。
本職か。

しかし・・・
こんなにも残念じゃない貧乳があるものかと。
これが微(美)乳というものでしょうか。
トータルで均整が取れていて、
表情に少し残る少女っぽさが輝く感じです。

作品としては、ホラーサスペンスになりますでしょうか。
筋書きはシンプルながら、密度が濃く、中だるみしません。
アイデアの勝利ですね。
あり得ると思わせるリアリティがあることが大切で、
チープ感が出たらアウトですが、そこはきちんとわきまえています。

ヒドゥン・フェイス [DVD]
by camuson | 2015-05-16 17:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 21日
ファニーゲーム 【印象度:87】
1997年のオーストリア映画。レンタルDVDで見ました。


卵とゴルフボールは冴えたアイディアですね。

卵の男の鈍臭さと図々しさと来たら・・・
デンジャラスのノッチみたいな人を、長袖半ズボンにしたのも、いいセンスです。

終盤はあっさりしていて、あまりネチっこくない、
ネチっこくするときりが無いですから、良かったと思います。

リモコンのアイディアは、
作品そのもののリアリティを削いでしまうので、
入れない方が良かったと思います。


ファニーゲーム [DVD]
by camuson | 2015-04-21 21:03 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 10日
キック・アス 【印象度:87】
2010年のイギリス/アメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

結構評判が良かったようなので、機会があったら見たかったのですが、
遅くなってしまいました。

というか、クロエ・グレース・モレッツという
童顔なのかオバちゃん顔なのかよくわからない女優がちょっと気になっていて、
本作に子役で出ているらしいので急遽見ることにしました。

結論としては、この女優は時を遡るほどに、
オバちゃん臭が強くなるということが確認できました。(たぶん)
ま、化粧によるんでしょうが。

で、作品です。
架空のヒーローに憧れる少年や男を主人公にしたヒーローものパロディーは、
あまり珍しくないと思いますが(少なくとも日本では)、
主人公が最後まで、スーパーな能力を獲得しないのは珍しいような気がします。
(途中、防御力が少しアップしますが、あくまで現実レベル)

しかも、すでにヒーローが実在していて、陰でマフィアと戦っていて、
主人公がその人たちと交流するところなど、
ひねりが効いていて面白いと思いました。

キック・アス役の彼は、ダサい全身タイツ的コスチュームを着てしまうと、
逆にイケメンが隠せないですね。


キック・アス<スペシャル・プライス版> DVD
by camuson | 2015-01-10 22:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)