書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:原一男 ( 1 ) タグの人気記事
2016年 07月 19日
ゆきゆきて、神軍 【印象度:91】
1987年の日本のドキュメンタリー映画。レンタルDVD。

主人公である奥崎謙三が、
かつて自分も所属した日本軍ニューギニア残留部隊において実施された、
兵士の不可解な処刑について、
その遺族とともに関係者を訪問して、真相を追求するという内容です。

当初、関係者の口は非常に堅かったのですが、
暴力的に追い詰めることにより、口を割らせていきます。
関係者が深刻に苦悩しているのがよくわかるわけですが、
どういうわけだか、どこか笑ってしまうつくりになっているんですよね。


奥崎謙三という男のキャラがとにかく強烈で、
バイタリティと行動力が半端じゃなく、
物腰低く相手の懐にもぐりこんだり、蕩蕩と自分語りをしたり、
思い通りに行かないと急にキレて恫喝したり、
文字通り寝技に持ち込むしぶとさです。
適所でキレることで、こいつヤバイと思わせて、相手の戦意を削ぐんですよね。(※1)
実際それ以上にヤバい人なんですけど。

変な人が一人いるだけなら、あり得る話と言えるのですが、
処刑された兵士の妹なる人物が、これまた強烈なキャラで、
なんと、こともあろうか、(インチキ臭い)霊能者なんですね。奇跡的です。
笑いの神様が降りてきています。


笑ってしまうシーンは多いのですが、特に好きなのは、
こたつの上に置いてあったみかんを並べて処刑時の立ち位置を再現するシーンですね。
(人が死んでるんやで・・・)
処刑を指示したとされる隊長の妻が、撮影隊に対抗して写真を撮りまくっていたシーンも、
結構好きです。



※1.
「冷たい熱帯魚」(過去記事参照)という映画で、でんでんが演じていた怪人物と少し重なりました。
あちらは私利私欲から行動する生粋の殺人者、
こちらは公利を掲げて自分勝手に突っ走る熱血漢、または自分教の教祖と、
随分と趣が異なりますが。
最近覚えたアドラー心理学的な解釈をすると、
双方とも目的達成のために感情(恫喝や暴力)を徹底的に利用する
ライフスタイルが確立されていると言えます。

往々にして、そういう人は、
自分より立場が上の人間に対しては、
恫喝や暴力が自分に不利に働くことを意識の底で感じていて、
相手によって、感情を使い分けて大人しくなるものなのですが、

この人の場合、自分こそが一番であり、
天皇をパチンコで攻撃して逮捕されたり、
法定で判事、検事めがけて小便を浴びせたり、
自己保身に惑わされず、突き抜けているところに潔さを感じます。
ただの基地外とも言えますが。


ゆきゆきて、神軍 [DVD]
by camuson | 2016-07-19 23:35 | 映画 | Trackback | Comments(0)