書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:増村保造 ( 2 ) タグの人気記事
2014年 06月 23日
この子の七つのお祝いに 【印象度:60】
1982年の日本映画。
2011年11月にDVDソフト化されたので購入したのですが、
なかなか見る時間が無く、このたび開封して見ました。

日本人形、わらべ唄、血しぶき、怨み、岸田今日子など、
日本ホラーとしてのアイテムはほぼ出そろっているのですが、
殺人の動機が最初から示されていて、
単純であまり深みが感じられず、
今ひとつ響いてこなかったように思います。

役者陣はかなり豪華です。
中でも杉浦直樹が豪快でカッコイイです。


あの頃映画 「この子の七つのお祝いに」 [DVD]
by camuson | 2014-06-23 22:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 04月 08日
盲獣 【印象度:75】
1969年の日本映画。モノクロ。レンタルDVDで見ました。
江戸川乱歩の原作は未読です。

この世にまたとない触覚の芸術を模索する全盲の男と、
監禁される女モデルの話。

女を監禁する倉庫を改造したアトリエの壁からは、
人間の各部位をかたどったオブジェが生えるように並んでいて、
床一杯に巨大な女体の仰向け像、俯せ像が埋め込まれています。
その女体の丘の上を、監禁された女と盲人男が追いかけっこをするという
意欲的にアバンギャルドな作品です。

盲人役の風貌やオーバーアクションを交えた熱演が、
なでしこの佐々木則夫監督に似ているなぁと思ってみていたのですが、
途中でやっとこ船越英二であることに気付きました。
まあ、誰が誰に似ているとかの話は低俗なのでここらへんでやめにしておきます。

序盤は丁寧につくられていて面白いと感じたのですが、
終盤のモデルの心変わりに説得力があまりなくて、
そこからの異常性愛へのエスカレートに、
気持ちが付いていけない感じでした。


盲獣 [DVD]
by camuson | 2013-04-08 21:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)