書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:大島渚 ( 2 ) タグの人気記事
2013年 03月 12日
戦場のメリークリスマス 【印象度:65】
1983年の日本/イギリス/オーストラリア/ニュージーランド映画。
いわゆる「戦メリ」ですが、先日記事にした「愛のコリーダ」と一緒に、
米国amazonで、日本国内未発売のBlu-ray版(criterion社製)を購入しました。
こちらもいつのまにか日本アマゾンから購入できるようになっています。

公開当時、劇場には見に行かなかったのですが、
姉貴所有の坂本龍一による同名のサウンドトラック
およびピアノヴァージョンの「CODA」が録音されたカセットテープを聴きまくりました。

インストゥルメンタルをじっくり聴くということに目覚めたきっかけでもあり、
音楽作品として相当な思い入れがあります。

また、写真付きのシナリオ本も家に置いてあったりして、
音楽と台本と静止画からイメージを膨らませていました。

その後、テレビ放映で1回、本作品を見ていると思いますが、
印象的な2、3のシーン以外はほとんど記憶に残ってないです。
通しでは見てないかも知れません。


と言うようなことで、相当思い入れの深い作品なのでBlu-ray DISCを購入しました。
想定外だったのは、会話の8割方が英語で日本語字幕がないことですね。
日本語をしゃべれる外人はローレンスだけなのですが、
彼の日本語はほとんど聞き取れないし。
それ以外の外人と日本人との会話はすべて英語ですし。

映像はフィルムグレインが強めで、
輪郭をそれになじませるようフォーカスを甘くしているようで、
普段はよくBlu-rayを買って正解だったと喧伝するのですが、
この作品に関してはDVDで見てもあまり変わらないかなと思いました。
見比べれば違うんでしょうけど。


で、内容についてなのですが、
ジャワ島の日本軍外国人俘虜施設での日本軍兵士と
外国人兵士の交流を描いているのですが、
とにかく理解しづらいの一言に尽きます。
ローレンスとたけし、デヴィッド・ボウイと坂本龍一の2つの関係が
軸になっているのはわかるのですが・・・

ある程度背景や事情がわかるはずの日本人が見ても、
作家の意図を酌むことが難しいので、
(少なくとも私にはできなかった)
いわんや外国人をやです。
多くの外国人を含む演じ手達が、作家の意図がわからず、
迷いながら演じていたのではないかと邪推してしまいます。

前作「愛のコリーダ」でも感じたのですが、
この作家は、印象的な構図の絵をつくるのには長けていると思うのですが、
(首に敬礼のシーンや、最後の顔アップとか)
つなぎや流れがいまひとつで、狙ってる感が出てしまうんですよね。

長いスパゲッティが2、3本あれば絡み合って複雑な形状になりますが、
絡ませるのに最低限必要な長さで話が繋がっていかない作品とでも言いましょうか。

と言うのが、英語が聞き取れない日本人が、日本語字幕無しで見た感想です。


また、音楽は大好きなのですが、BGMとしては音楽が勝ちすぎていると思いました。
赤道直下、熱帯の中の熱帯と言っていいのですが、
その割には映像がおとなしく、絡みつくような蒸し暑さなどが感じられないのですが、
叙情的な音楽がその現実感の無さに拍車を掛けているような気がします。


Merry Christmas Mr. Lawrence - The Criterion Collection (戦場のメリークリスマス クライテリオン版 Blu-ray 北米版)
by camuson | 2013-03-12 21:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 27日
愛のコリーダ 【印象度:40】
1976年の日本/フランス映画。

大島渚監督の追悼として、
日本では販売されていない本作のBlu-ray版(米国criterion社製)を、
米国amazonで注文したのですが、届くまでに1ヶ月もかかりました。
しかもその間、
日本のアマゾンでも米国版Blu-rayを買えるようになっていました。
骨折り損のようで複雑な気分です。

監督逝去後、米国amazonに日本からの注文がある程度集中したことに目を付け、
日本で値段を高くして売った方が儲かると思ったのでしょうかね?

法的に大丈夫なのかが気になりますが(モザイク的に)、
日本に法人税を払っていないくらいなので大丈夫なのでしょう。



それはさておき、本作ですが、
テーマがチンポコということもあり、
とんだチンポコ映画になっています(いい意味でも悪い意味でも)。
阿部定事件がモチーフになっています。

最近のしおれた役柄を見慣れていたので、
藤竜也が若くて威勢がいい角刈りで最初は気持ち悪かったのですが、
それにはすぐに慣れて、だんだん可愛くさえ感じてきます。

それと反比例して、主演女優が鬱陶しくなってきます。
これは本当に残念なことで、申し訳なくさえ思うのですが、
一瞬たりとも色気を感じることができませんでした。

しゃべり方が大きいんでしょうかね。
時代劇的女言葉が板に付いてなくて、
すべての台詞が一本調子でべたぁっと間延びしていて、
台詞が動作や感情と完全に分離してしまっているんですよね。
意図してやっているか否かに関わらず、
結果的に、とてつもない大根演技に見えてしまいます。

その一方で藤竜也が、ほぼ現代語で緩急を付けて、
自然な演技をしているので、余計それが目立ってしまって、
どうしてこんな事になっているのかと、とても気になってしまいました。

また、身のこなしもありますかね。
意味もなく下あごのあたりからにじり寄ってくる感じで、
反射的にチンに地を這うようなアッパーカットを見舞わせたい衝動に駆られます。

そんな調子で鬱陶しさがどんどん増していくので、途中見続けるのが辛くて、
何度か休憩を入れながら、なんとか最後まで見ました。

中居のおばちゃん(50代?)や68歳のばあちゃんと
藤竜也の絡みの方が数倍面白かったというのが致命的です。


・・・はっ!!?
そう思わせるのが監督の狙いだったのでしょうか?

究極の選択を迫り、敗北感を味わわせる・・・だと・・・。
68歳を選ばせる・・・だと・・・ゴクリ。


映像は海外を意識した日本的なものとなっており、
丁寧につくられていて美しいです。


愛のコリーダ ~IN THE REALM OF THE SENSES~ (Blu-ray) (PS3再生・日本語音声可) (北米版)
by camuson | 2013-02-27 20:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)