書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:木下惠介 ( 2 ) タグの人気記事
2014年 06月 05日
楢山節考 【印象度:87】
1958年の日本映画。1983年の今村版ではなく木下版です。
ちょうど1年前に購入したBlu-rayの封を開けて見ました。

大自然の中に書き割りやスクリーンやライティングを持ち込んで
撮影しているのかと思いきや、
後にオールセットと聞いてびっくりしました。

言われなければジオラマとは思えないほどリアルなのですが、
そうと知らされた上で見ると、撮影に都合が良いように計算し尽くされ、
つくり込まれていることに気付きます。
舞台芸術としてはすばらしいし、いいもの見せてもらったとも思うのですが、
姥捨て山伝説を描くのにこの手法が果たして正解だったのかは、
正直よくわからないです。
今村版と比較してみたいところです。


婆さんと息子、脇役たちの演技も総じて悪くないのですが、
婆さんの孫息子の若造を演じてる役者の演技が、
どうもわざとらしく周囲から浮いてるなと思いました。
浅はかで血の気の多い若造役なのでわからんでもないのですが。
後で調べてみたら当時18歳の今の猿翁でした。
ま、歌舞伎とは勝手が違うから。若いし。


木下惠介生誕100年 「楢山節考」 [Blu-ray]
by camuson | 2014-06-05 20:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2010年 08月 01日
二十四の瞳 【印象度:60】
1954年の日本映画。モノクロ。レンタルDVDで見ました。

1952年に原作が発表されて以来、現在に至るまで、
反戦映画の代表作として、映画、TVドラマと
数多くの映像化がなされている作品です。

今まで、どの作品も一度も見たことがなかったので、
中でも評価が高く、終戦の余韻が残る中で最初に映像化された、
本作を鑑賞することとしました。

小豆島の豊かな自然と、そこに住む人々の生活風景が、
時間をかけて選び抜かれたであろう美しい構図で、
フィルム状態が非常に悪い中にも、精細に写し撮られていて、
思わずため息がこぼれます。

しかし、長い作品です。
二時間半という時間が非常に長く感じられました。

前半、子供たちに、子供らしさを演じさせてしまっていて、
本来子供が持っている自然な生き生きとした勢いが感じられず、
これが、延々と続くので、参ってしまうのです。

後半、教え子達も戦争の波に巻き込まれていくのですが、
淡々と巻き込まれていく様子が、淡々と描写されていく感じです。
個々の悲劇に対する感情移入よりも、
元教師から見た若干俯瞰的で、間接的な描写で、
冷静に戦争の無情さを表現しているのは、よいと思います。

後でキャストを確認したときに、天本英世や清川虹子、浦辺粂子など、
後の妖怪級が何気なく出演していたことに気づき、
それが一番の驚きでした。まったく気づかなかったので。

二十四の瞳 デジタルリマスター2007 [DVD]
by camuson | 2010-08-01 15:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)