書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:東野圭吾 ( 2 ) タグの人気記事
2011年 07月 26日
赤い指 【印象度:92】
2006年発表の小説。
当時単行本で購入して十数ページ読んだ後、
間が空いてしまい読むチャンスがなかなか持てず、
5年程経ってようやく読む時間を持てました。
東野圭吾を読むのは「容疑者Xの献身」に続いて2作目です。


父親の育児不参加、母親の過保護、いじめ、
嫁姑問題、老人性認知症、などを抱えた、
どこにでもありそうなごく普通の家庭で起きた殺人事件の話。

「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、
彼ら自身の手によって明かされなければならない」
と帯の引用にあるとおり、
倒叙ミステリの陰に隠されているもう一つの真実が、
彼ら自身の手によって明かされるところが醍醐味ですが、
これを更に加賀刑事親子のエピソードおよび
隠されている真実で挟み込んだところが絶妙です。


流れるように読みやすいのに奥行きが深い。
文章の達人ですね。小物の選び方には痺れました。

実力がありながら、売れっ子でもあるというのが不思議な感じもしますが、
とにかく読みやすく、かつ、
ストーリーの骨格から表面のディテールまで
読み手の感受性のブレに対応できる程度に、
滑らかに中身が詰まっているからだと思いました。
よくそんなことができるものだと感心してしまうのですが。

赤い指
by camuson | 2011-07-26 22:05 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2006年 04月 17日
容疑者Xの献身 【印象度:98】
2005年の日本の小説。

読み終えました。おもしろかった。それになんか泣けましたね。
以下感想文です。

石神には大きな誤算が2つあったと思う。
第一の誤算はパーティーに湯川がゲストとして加わったこと。
そして、湯川の参画により、ラスボスは最終形態への変異を余儀なくされ、前衛キャラに対して「かばう」を発動するも、それは前衛キャラを「混乱」状態から救ったり、「回復」させるものではなかったこと。これが第二の誤算。
うむ。何のことやらさっぱりだ。

まあ、要は、罪悪感を増幅させてしまうであろうことを計算できていたのかどうか?

うーむ。

目的達成のためなら、どんな犠牲をも厭わず、合理的でさえあれば、感情を排し、鉄の意志をもって実行に移す男。石神。
石神は宿命的に孤独であり、孤独を癒す小さな光を守るために、更に過酷な孤独を自らに課す。
石神の唯一の理解者、湯川は石神の望みを、孤独を打ち破るのか?


私の変な文章はさておき、
肩がこらずに読めて、それでいて深みのある良作です。

東野圭吾さんの作品は初めて読んだのですが、他の作品も是非読みたいですね。

去る4/2に物語の現場を徘徊してきました。そのときのご報告もあわせてどうぞ!
隅田川 新大橋、清洲橋界隈(06/04/02ブログ)

容疑者Xの献身 (文春文庫)
by camuson | 2006-04-17 21:30 | 書籍 | Trackback | Comments(2)