書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:河森正治 ( 3 ) タグの人気記事
2011年 04月 25日
劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ 【印象度:75】
マクロスフロンティア劇場版2部作の後編。
新宿バルト9で見てきました。
公開から2ヶ月ほど経っていますが、
そこそこの大スクリーン(横幅11m)で見ることができました。

作品を見終えての感想ですが、どこかはじけきれずにモヤモヤ感が残りました。

テレビ版でそこそこ綺麗に終わっていたので、どうするのかと思っていたのですが、
大きな設定はそのままに、役者の役どころを変えて再構築しています。

その結果、テレビ版にはあった大きな驚きや悲しみが一部無くなっています。
ですが、それを超える驚きや感動を創り得ていないなと感じました。
歌と戦闘の派手な演出などは期待に十分応えていて楽しめますが。

テレビ版では、SMSオーナーが謎めいていて良かったので、
劇場版で新たな展開があるのかなと勝手に期待していましたが、
もはや、パラレルワールドの違うお話しになっていることもあって、
テレビ版との連続性は放棄してしまっているようです。

終わり方は、多少唐突感がありますが、その後を想像させるという意味では、
狙いは悪くないのかなと思いました。

4年越しの物語が、ついに終幕を迎えましたが、
シリーズ後継作品など、意外なところ、意外なタイミングで、
本作品の後日譚が紐解かれることを楽しみにして。

関連記事:
劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 【印象度:85】
マクロスF 【印象度:93】
by camuson | 2011-04-25 22:19 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 12日
劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 【印象度:80】
時間がとれずになかなか見れなかったのですが、
金曜日にレイトショーで見てきました。
以下、感想です。

公開劇場数が非常に少ないことを考えても、TV版を観ていない層は、
主ターゲットから外れていそうです。

TV版の続きなのかなあと思っていたのですが、
そうではなく、序盤部分のつくりなおしです。

そうなると、限られた尺の中で
何を選び何を捨てるかが問題となりますが、
マクロスの3大要素、バトルシーンと歌と△を選び、
他の多くを捨てた作品になっています。

たとえば学園ものとしての要素は切り捨てられ、
法子のカナリアじゃない方が削除されてたりします。

個人的にはその潔さというか、ごり押しに好感が持てますし、
事実、大迫力の映像と音を十分楽しめたのですが、
ハイライトの連続で、緩急や深みがなくなってしまっているのも
否めません。

物語のコンパクト化にあたって、
キャラクターの役どころが多少いじられていて、
その中には、終盤の大きな変化を感じさせるものがあるものの、
あまり話が前に進んでなくて、
エヴァの序+破を観たときと同じような感覚ですかね。
同様に映画作品単体としての評価が難しいというかできない作品です。
後編に期待するところが大きいです。

過去の投稿:マクロスF(TV版)のレビューはこちら
by camuson | 2009-12-12 21:27 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2009年 04月 28日
マクロスF 【印象度:95】
4/24に発売されたマクロスFの最終巻(Blu-ray)を購入、
最終回まで見終えました。

TV放映時には見ていないので、
3話収録のBDを1ヶ月おきに購入して視聴しました。
放映時よりもペースが遅くなるのですが、
その分長く味わえたので良しとしときましょう。

さて、以下、作品の感想です。

第1話を見て、まず、縦横無尽のCGに度肝抜かれました。
50インチのプラズマパネルを購入して良かったと思えるひとときです。

また、作品としてのスケールの大きさをひしと感じました。
映像、音楽、脚本、キャラクター、等々すべてにおいて、
売れる作品を目指して、逃げずに真正面から創っているのが伝わってきます。

前半、第12話あたりまでは、学園ものとしての日常と、
戦闘ものとしての非日常がバランス良く混ざり合って、
とてもワクワクさせられます。

高校生くらいの主人公の三角関係が一つのテーマなので、
見てて恥ずかしくなることもあるのですが、
そんなときは、一人でキャーキャー言いながら、
布団を被って、その影から、「チラ見」したりすればいいと思います。

折り返しの第13話から、年齢が17歳くらいの人が暗躍し始めると
キャーキャー言ってる場合ではなくなってきて、
全体的に暗い感じになり、鬱屈した気分になってきます。

残り話数が少なくなるにつれて、尺が足りるのかと心配になってきますが、
怒濤の密度で爽快にエンディングを迎えます。
あまりに怒濤過ぎて声を出して笑ってしまったほどです。

劇場版の製作が決まっているということで、
中途半端な終わり方なんだろうなと思っていたのですが、
きれいな終わり方で逆に驚きました。

こうなると劇場版をどうするかが難しいところですね。
キャラクターの新たな一面がわかるような新規エピソードを軸に、
歌あり戦闘あり恋あり涙ありで、
かつ、SMSオーナーの謎も解明するような感じになるのでしょうか。
楽しみです。


追伸
使われている歌の中で好きなのを順に挙げるとするならば、こんな感じでしょうか。

「What 'bout my star?」(歌いたくなる歌詞が好き)
「トライアングラー」(空気なところが好き)
「ダイアモンド クレバス」(切ないので好き)
「射手座☆午後九時 Don't be late」(シェリルが調子こいてる感じが好き)
「ヤオイン」(”でも!”や“パンピーの導きで”が好き)

マクロスF(フロンティア) 1 [Blu-ray]
by camuson | 2009-04-28 22:52 | アニメ | Trackback(1) | Comments(0)