書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:魚川祐司 ( 1 ) タグの人気記事
2015年 08月 30日
だから仏教は面白い! 【印象度:85】
2014年発表。電子書籍版を読みました。

ミャンマーでの修行経験も持つ若き仏教研究者が、
わかりやすい例示により、仏教の要諦を説明するというもの。
他の入門書では扱うことがないディープな領域まで迫る意欲作だと思います。


とかく仏教に深い関わりを持っていない一般人は
仏教が人間的な道を説いていると考えがちですが、
第一章「仏教はヤバイもの」で、
まずは、その認識をひっくり返すことから始めています。
ゴータマ・ブッダは、およそ人間的な価値観を否定した先に悟りがあると説いていると。

そして、現代人が人間的なものとして価値を置いているものの例として
例えば「愛」を挙げたとしたら、その範囲が広く抽象的になってしまうところですが、
「おっぱい」を挙げることで、とても具体的にわかりやすくなっています。

「おっぱい」は、悟った人から見れば、脂肪の塊以外の何物でもないわけですが、
悟っていない我々は、それに観念的な意味付けを行い、
あまつさえ、それを愛でることさえしてしまいます。困ったものです。

ちなみにゴータマ・ブッダは女性を紹介されたときに、
こんな「糞袋」は足でも触れたくないと、さらりと答えたとのことです。
さすがブッダ(悟った人)だなと思います。
物理的には糞の詰まった袋でしかないのは事実ですから。
普通は思っても口にしないわけですが、
さすが、ブッダ。痺れます。憧れます。

大乗仏教を説明するわかりやすい例として挙げられた、
蝉丸Pから拝借した「大乗仏教同人誌説」は、
楽しみながら読み進めることができました。

後半は仏教用語が加わり、少し観念的になってくるのですが、
「輪廻」「無常」「苦」「無我」の意味や関係も理解できました。

おかげで、人間的な価値観をすべて棄ててまで、
悟りを開こうなどとは露ほども感じなくなりましたが、
仏教に対して更なる興味が湧いてきました。


だから仏教は面白い!前編
by camuson | 2015-08-30 20:43 | 書籍 | Trackback | Comments(0)