書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:Quantic Dream ( 1 ) タグの人気記事
2010年 03月 31日
HEAVY RAIN -心の軋むとき- 【印象度:87】
フランスのQuantic Dream社が開発し、今年2月に発売開始された
プレイステーション3用ミステリーアドベンチャーゲーム。

結構、前にプレイしたのですが、なかなかレビューする暇がなく、遅くなってしまいました。

猟奇連続殺人犯によって誘拐された主人公の息子を助け出すために、
主人公含めて4人の登場人物を操作して、事件の真相に近付いていきます。
プレーヤーは価値観や人生観を試されるような究極の選択を迫られ、
その結果によってシナリオが変化するマルチエンディングストーリーになっています。

陰鬱としたサイコスリラーという意味では「サイレントヒルシリーズ」風でもあり、
比較的リアルで身近な社会をモデルとしていて、
QTE(Quick Time Event)による格闘アクションがあるところは
「シェンムー」風でもあります。

エンディングまで到達するのに、10時間程度と短いこともありますが、
FF13など、やりかけ放置状態のゲームが増える一方の状況下、
エンディングまで一気に行けたのは428(過去記事参照)以来です。

まず、グラフィックがすばらしいです。
空間デザインに対するこだわりが、随所に見られ、
インテリア、エクステリア、細かなところまでおもむきがあります。
また、音楽も、雨の音とともに心の深くまで染み入ってきます。
プレーヤーを没入させる雰囲気づくりがうまいですね。
また、QTEは、簡単な操作で手に汗握るアクションが体感でき、
緊張感を持続させるのに有効に働いています。

私は、ノーマルモードでプレイして、
犯人以外の主要登場人物は死亡しないエンディングを迎えました。
ノーマルな部類のエンディングだと思われます。

純粋な不条理ものとして作品をとらえてプレイしていたのですが、
終盤に意表を突く展開があり、驚かされました。
ですが、これをやるのであれば、伏線の仕込みや回収を丁寧にやらないと、
不意打ち感だけが目立ってしまう気がします。
シナリオに関しては、あまり心地いいヤラレタ感を感じませんでしたね。

犯人が別の人間という別のシナリオがあるならば、話は別ですが、
ネットの情報等によると、それもないようで、
マルチシナリオの振れ幅の面でも物足りなく感じます。
2周目もやる気満々でしたが、少し萎えてしまいました。

とはいえ、エンターテインメントに対する制作者達の真摯な姿勢が伝わってくる力作で、
今後もこの手のシリアスな作品が出てくることを願わずにはいられませんね。

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
by camuson | 2010-03-31 22:34 | ゲーム | Trackback | Comments(0)