人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2011年 11月 27日
恋の罪 【印象度:85】
2011年の日本映画。
昨日、テアトル新宿で見てきました。半年ぶりの劇場鑑賞です。
夜19:30からの回と言うこともあり、
男性客の方が圧倒的に多かったですが、
私の前方に、若い女性と、初老の女性が、それぞれ1人ずつ
座っているなど、女性も少なからずいるようでした。

前知識をほとんど入れずに見に行ったのですが、
東電OL殺人事件にインスパイアされていることは、
途中で気付きました。

前作「冷たい熱帯魚」では、でんでんの怪物っぷりが凄かったのですが、
本作では、作品を引っ張る怪物役は、大学助教授兼売春婦に置き換わり、
冨樫真が見事に怪演しています。

園子温の作品は「愛のむきだし」「冷たい熱帯魚」と見ていますが、
後になるほどエンターテインメント性が薄れ、
文学性の比重が高まっているようで、
本作となると、洒落っ気が随分少なくなっています。

そんなこんなで、序盤、中盤と鬱屈した流れが続くこともあり、
大学助教授の母親が登場し、しゃべり始めたところで、
観客が一気に緩んで笑い声が漏れました。
皆、無意識のうちに笑いどころを求めていたのかも知れませんね。
このタイミングでこれを持ってきたのは凄いと思いました。

女性主人公3人の女性の性の物語なので、
作品を女性が見て、どう感じるかが、最も興味深いところで、
かつ、そこに作品の価値があるのかなと思います。

私があえて言えることと言ったら、
「坂恵のおっぱいはもう飽きた」
くらいなことでしょうか。


恋の罪 [Blu-ray]
by camuson | 2011-11-27 17:54 | 映画 | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/16967497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 猿の惑星 【印象度:88】 レザボア・ドッグス 【印象度:80】 >>