人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 10月 16日
魍魎の匣 【印象度:55】
2007年公開の日本映画。レンタルDVD。
原作小説は既読です。(レビューはコチラ

なんか全体的に、重要な部分が切り捨てられていて説明不足感がある割に、
不必要な部分がくどい印象。



ミステリ部分を大胆に切り捨てているのは、時間の都合上仕方ないと思いますが、
本作品のイメージの核でもある劇中作、久保竣公の「匣の中の娘」を切り捨てたのは、
作品の求心力が保てず失敗だったかなと思います。

消化不良で、世界観の深みが出せないまま、
結局は、ありがちなマッドサイエンティストの話になっていて、
しかも、そのアジトを意味もなく破壊することで、
随分と安易にカタルシスを得ようとしたものだなと。

原作が、箱のような分厚い本に、色々な話が複雑に絡み合い、
それこそ、みっしりと詰まっているのに対して、
随分と薄っぺらく感じられるものだなと。

部分的には、いいところもあるんですけどね。
セットやロケーションなどの当時の景色づくりは、意外と頑張っていて、
安っぽい感じはなく、いい雰囲気が出ていました。

キャストは、堤真一の京極堂、阿部寛の榎木津、椎名桔平の関口などは悪くないと思いました。

一方、宮迫博之の木場修と宮藤官九郎の久保竣公は安っぽくて残念でした。
役者よりもキャラ設定や演出の問題で、同じ配役でも、もう少し何とかなったはずなのになと。
あと、柚木加奈子役には、普通に美形な娘を選べば良かったんじゃないかと。
浮き世離れした役で、演技なんてあまり関係なさそうなだけに。


魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]


原作小説のレビューは → コチラ

アニメ版のレビューは → コチラ
by camuson | 2017-10-16 22:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/26112514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Portal 2 【印象度:94】 京極夏彦 巷説百物語 【印象度... >>