人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 10月 18日
Portal 2 【印象度:94】
2011年発表のビデオゲーム。

2014年の11月に購入して以来、3年近く放置してましたが、
ふとパッケージが目に付いたので、セロハンの封をほどき、
PS4購入に伴い、たぶん3年以上、押し入れにしまっていたX-BOX360を再セットして、
遊び始めてみました。

PC版、PS3版もあるにもかかわらず、何故かX-BOX360版を購入していました。
何故、X-BOX版なのか?
間違えて購入したのか、当時、何か意図があったのか今となっては分かりません。



まだまだゲームは序盤も序盤なのですが、
(チャプター3のタレット登場のところで躓いてます)
最後までクリアするのを待っていては、
ほぼ永遠にレビューがかけないことを他のゲームで痛いほど学んだので、
感動と興奮がさめやらぬうちにレビューすることにしました。

ベースは脱出ゲームです。
ゲームの趣旨の説明がまったく無いままに、
永い眠りを起こされて、部屋ごと吹っ飛ばされた挙げ句に、閉じ込められた閉鎖空間。

その異次元空間っぷりに、まずは、どっぷり途方に暮れさせられました。

恐る恐る異常な空間を歩くうちに、ほどなくポータルガン(ワープ銃)を手に入れ、
トライアンドエラーを繰り返すことで、ゲームの意図が徐々に飲み込めてきます。
脱出ゲームなのだなと。パズルゲームなのだなと。

最近のゲームは序盤に懇切丁寧にチュートリアルを織りこむものが多いですが、
この突き放し具合、このバランスは絶妙だなと思いました。

我々は、これまでワープという言葉を何気に使っていて、
原理はどうあれ、どんな現象かわかっているつもりになっていました。

このゲームは、そんな「わかったつもり」が誤りであったことを気付かせてくれます。
閉鎖空間においてワープが実現すると、どんなに奇妙なことになるか、
実感、体感できるだけでも貴重な経験となります。
(しかも、パズル出題者の「彼女」に英語でなじられ、辱められつつ、
というオマケが付いてきます。)


ストーリー性のあるパズルゲーム(パズル主体)としては、
アトラスの「キャサリン」と双璧をなすのではないでしょうか。
私がそれ以外を知らないと言うだけですが。


ポータル 2
by camuson | 2017-10-18 23:20 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/26118844
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< パッとしない子 【印象度:80】 魍魎の匣 【印象度:55】 >>