書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 11月 03日
ザ・リング 【印象度:50】
2002年のアメリカ映画。レンタルDVD。
原作既読。日本映画版、日本テレビドラマ版鑑賞済み。

日本の映画版(1998年)がベースになっているようです。
全体的に平均点を上げる努力はしているし、
それは一定の功を奏しているのですが、
肝心の部分で、これじゃない感が大きいというか・・・



日本の映画版に比べると、予算も大きいですし、
役者も普通にしっかりしてますし、
映像も格段に美しく、映画らしい絵作りです。

ミステリの謎解き面では、時間の尺をたっぷり使っていて、
良くできていると思いますが、
手慣れた手つきによる、ありがちな作品になっています。
一方で、肝心のホラー部分で、どういうわけだか角が取れてしまい、
怖さがなくなっています。

日本の映画版で最も評価できる表現だと感じた、死者の表情ですが、
本作では、特殊メーキャップを頑張りすぎてしまっていて、
リアルの範疇を軽く超えてしまっています。
表情意外に目立った変化がないところが、むしろ肝なのに・・・


呪いのビデオ内の映像については、
日本版を真似た鏡の部分はいいとして、
独自に挿入した映像が、アート作品になってしまっていて、
おぞましさ、まがまがしさがなくなってしまいました。
呪いとしての色が薄まってしまい、
もろにミステリのヒント集というご都合ツール感が強くなってしまいました。

電話の声を聞かせたのは失敗でしたね。
地味にマイナスポイント高いです。腰砕けました。

あと、子供に絵を描かせたり、蝿が実体化したり、
途中で鼻血が出たりするのもやり過ぎで、
いろいろと伏線を張ろうとしているのが、
とても余計で、うるさい感じがします。

映画の中のシーンについて「これはどういう意味なの?」と問われた時に、
「これは実はこういう意味があって」と説明するためのエクスキューズを、
作品内のあちこちにちりばめました、という風に見えてしまいました。
企画を通すために仕方なかったのかなとか、余計な勘ぐりをしてしまいます。

原作小説の3部作の中でも「リング」のみがホラーとして成立し得たのは、
余計な説明をしなかったところにあると思うのですがね。


貞子の造形については、こちらが思っていた通りの西洋化で、ああなるほどなぁと。

あと、日本版では、エンディングで、迷うことなく爺さんを選んで車で向かうところに、
孫のためなら喜んで余生を捧げる爺さんのイメージなどが浮かんできたり、
その後のビデオの連鎖の可能性を考えたり、
複雑な余韻が味わえる訳なのですが、
本作では、誰かに見せるという条件が省かれていて、随分と印象が弱まっています。
子供にセリフを言わせてるのも蛇足です。


というようなわけで、
日本人が日本版「リング」において、評価しているであろう部分を、
彼らは、かなり的確に、しらみつぶし的につぶしてくる訳なんですが、

だとしたら、一体全体、彼らは、日本版の「リング」をみて、
どこがいいと思ったのだろう?という疑問が残るのですよね。

彼らは私たちに見えないまったく別の何かを見ていたのではないでしょうか?
だとしたら、とても怖い話なのではないでしょうか?(ガクガクブルブル)


日本のホラー作品のハリウッドリメイク作品について、
以下の作品でも考察をしています。

過去記事:「パルス
by camuson | 2017-11-03 23:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/26151589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 心霊写真 【印象度:55】 リング 【印象度:60】 >>