書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2017年 12月 25日
攻殻機動隊 【印象度:65】
1991年発表の漫画作品。
押井守の劇場アニメ版(映画版)「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊
および続編の「イノセンス」は視聴済みです。

映像作品に触発されて、10年くらい前に購入したように思います。
(記録が残ってないので不明)
これまで、読み始めてみるものの、読みづらくて放置。
を何度も繰り返してきました。



基本的に絵は上手く、
メカニックのデッサンなどは確かなものなのですが、
絵がゴチャゴチャしてるのと、話がゴチャゴチャしているのとで、
なんかとてもわかりづらいのですよね。
(カラーページの色使いのセンスは良く、モノクロページよりわかりやすい)

なんか二次元作品としての視認性を考えていないというか、
欄外のゴチャゴチャを含めて、
リーダビリティーとは対極に位置する作品なのかなと。

リアルな表現を目指しているのかと思えば、
キャラクターを場面によってデフォルメするなど、
シリアスな世界観が崩れてるところもあり、
かなりアンバランスな感じがします。

人形遣いと素子との接触、交信の描写は、
本来可視化できないものの可視化という挑戦的な試みであり、
独創的なイメージが次々と溢れ出てくるようで、凄味を感じさせます。
これを堪能できただけで、この作品には価値があると思えます。


原作漫画が先にあっての映像作品群であることは確かなのですが、
映画版「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」は、
そういった原作の色々とゴチャゴチャな部分が、シンプルに整理されていて、
アプローチとしては、一つの正解だと思いました。

原作を先に読んでいれば、また感想は違ったのかも知れないとも言えるのですが、
気に入っている映像作品のオリジナルを読むというモチベーションがあるにもかかわらず、
読むのに何度も挫折したくらいなので、
その仮定は自分にとってはあり得ないのかなと。


攻殻機動隊 (1) KCデラックス
by camuson | 2017-12-25 21:50 | 漫画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/26294667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ラン・ウォーク・フォト(柏六小... リング 【印象度:90】 >>