書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
2018年 03月 15日
真夜中のカーボーイ 【印象度:80】
1969年のアメリカ映画。レンタルDVD。

主人公のカウボーイが素晴らしいですね。
反面、ダスティン・ホフマンの過剰な役づくりはかなり苦手な部類でした。




テキサス州出身の青年が、
カウボーイの肉体的魅力で女性達から金を巻き上げようと、
ニューヨークに上京して、悪戦苦闘するという話です。

それだけだとバカっぽいコメディで終わってしまうところ、
途中途中で、過去のトラウマがフラッシュバックして苦悩するという
面白い味付けがされていて、
基本明るくて爽やかな表情の中に、影がちらつき、深みが出ています。

その主人公役が、テキサス男役らしく、ガタイはがっちりしているのだけど、
顔があどけなくてカワイイんですよね。
アメリカ人には珍しく、顔の造作が小さくて、
若き日の久保健英選手(現FC東京所属の久保君さん)を彷彿とさせるような童顔さです。


一方で、カウボーイから金をだまし取るものの、
後にカウボーイに見つけられて、締め上げられ、
共同生活をすることになる貧乏な男を、
ダスティン・ホフマンが演じているのですが、
これが、なんか色々とゴテゴテと役づくりし過ぎで、
見ていて鬱陶しくなってしまいました。
途中で、そもそも、この役自体この映画に必要か?と思ってしまうほどでした。
(「レインマン」の役づくりもちょっと苦手だったことを思い出しました。)



真夜中のカーボーイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
by camuson | 2018-03-15 22:10 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://camuson.exblog.jp/tb/27139151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 集中力はいらない 【印象度:70】 二つの顔 【印象度:45】 >>