人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
カテゴリ:生活( 48 )
2019年 06月 27日
苦い初体験の事案
夕方18:30頃。仕事途中に小腹が空いたので、
なか卯で腹を満たそうと駅前を歩いていると、
たまたま前を歩く若い女の子3人組が、
「私松屋はじめてかも~♪」「え~松屋初体験じゃん~♪」
などと言っている声が耳に入ってきました。

人に割引券でももらったのでしょうかね?
まあ、仕方ないので、なか卯ではなく、その隣の松屋に行くことに。

続きを読む
by camuson | 2019-06-27 22:17 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 12日
臭気中和の件
トイレの個室で、たまにメチャクチャクサイ臭いが残ってる時があって、
でも、息を殺して我慢しつつ排便すると、
何か臭いが中和された気がして、呼吸が少し楽になったりする。

誰しも、こんな経験をしたことがあるのではないでしょうか?
お前のウンコは消臭剤かと。お前はアイドルかと。
自分のウンコおよび自分にツッコミを入れてしまう瞬間が、
人類の末席に座っている以上、誰しもあるのではないでしょうかっ!!

続きを読む
by camuson | 2019-06-12 19:51 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 08日
wowaka
突然の訃報、残念です。

30代40代のプロの音楽職人も少なくなかった10年前のニコニコ動画のVOCALOID界隈で、
wowaka氏は、楽曲の完成度の高さゆえに、年齢を知った時、その若さに驚いた記憶があります。
(今売れっ子のハチ氏(米津玄師)は、更に若かったですが、作品にも若さが出てた感じ。)
選び抜かれた音と言葉を組み合わせる感性がズバ抜けていただけに早すぎる死が悔やまれます。

「アンハッピー・リフレイン」 レビュー(過去記事)


追記
wowaka氏が東大理系大学院卒という噂があることを初めて知りました。
東大を過大評価するつもりはさらさらないのですが、
私が感じた楽曲の完成度の高さが、
理詰めの完璧主義が反映されたものだったと考えると、なるほどと頷けるところがあります。
(特に言葉の選択に穴がない。一歩踏み外すと、聞くのも恥ずかしくなってしまうところ。
VOCALOID楽曲は、踏み外しぎみの青臭いものが大半と言っていい。)
もちろん、理詰めだけで作品ができるわけもなく、感性あっての話なんですが。
by camuson | 2019-04-08 15:14 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 11日
最近見たyoutube
全くかかわりのない世界だけど、
めちゃくちゃ狭い話ゆえに、めちゃくちゃおもしろいな。

東大法学部卒の3人が「東大法あるある」をブチまける!!


追伸
弊ブログ、今年初のエントリーでした。繁忙期ゆえ余裕なくorz
by camuson | 2019-02-11 02:26 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 03日
ついにPSVRを購入、「バイオハザード7」プレイ開始
■ついにPSVRを購入
プレイステーション(PS4)のオプション製品の
ヘッドマウントディスプレイPSVRに対して、
発売以来大いなる興味を持っていたのですが、
当初は品薄が続き、
amazon等では定価を大きく上回る値付けがされていたので、
しばらく購入をあきらめていました。
(付加価値を生まない転売業者に不適切な利益を与えることは、
最も避けるべきことなので)

続きを読む
by camuson | 2018-08-03 18:59 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 18日
不審者あらわる2
私が住んでいるアパートは、階段室タイプの3階建て(1フロア2住戸×3フロア=計6住戸)で、
私の部屋は最上階なので、普段部屋を出入りするときに人に出会うことはほとんどないです。
まあ、プライバシーが確保されているところは、気に入っています。


その一方で、階段室は、人一人が通れる程度の幅しかなく、上部に小さな開口がある程度で、
その途中で人に会おうものなら、まずは、恐怖を感じるほどの閉鎖空間でもあります。


ある日の昼休み、たまたま自宅の部屋に戻ろうと階段室を上っていくと、
2階と3階の間の階段に見慣れぬ影に出くわしました。


私は非常に驚き、身じろぎしました。

続きを読む
by camuson | 2017-04-18 12:47 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 22日
ビデオゲーム近況
PS4のハードを購入してから2年間ほど、ほぼ放置状態になっていたのですが、
この度、アトラスの「ペルソナ5」が発売になったので、予約購入しました。
ついでと言っては何ですが、世界的大ヒット作「ウィッチャー3」も購入しました。

振り返るとPS4ハード購入とほぼ同時期に、「PSYCHOBREAK」、「龍が如く 維新!」、
「トゥームレイダー」を購入していたのですが、どれもいまいち乗り切れず。
トゥームに至っては、開封まで至っていないと思います。

続きを読む
by camuson | 2016-09-22 22:36 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 19日
逆もまた真なり
伊藤園の「おーいお茶」って他社製品と違って畳の味がするよなぁ
と常日頃思っていて。
「おーいお茶ほうじ茶」を飲んだ時には、
枯れた畳の味がするよなぁ
と強く感じたりして。

「おーいお茶」に「畳」が混入されている疑惑を晴らすべく、
思い立って「おーいお茶」「畳」でググってみたところ、
なんと「おーいお茶」入りの「畳」が製品化されていることを知りました。

伊藤園ウェブサイト 茶殻リサイクル製品
http://www.itoen.co.jp/csr/recycle/product/tatami.html

いわゆる「逆もまた真なり」といったところでしょうか。
by camuson | 2011-07-19 22:07 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 03月 26日
チーズスティック
年度末でバタバタしています。

大地震発生から2週間がたちましたが、
コンビニの棚は、いまだにスカスカですね。

今日、近くのコンビニで袋入りの氷を10袋くらい
買い占めようとしている人を見かけましたよ。
水が売り切れているなら、氷ですか。
実に柔軟な発想ですね。
(まあ商売の人かも知れませんけどね)

それは別としても、
普通の都市住民の感覚として、
コンビニは生活に必要なものをストックしておける場所。
だから便利。
という感じなので、

買い占めるという感覚が、逆に新鮮ですよね。
郊外のディスカウントショップならわかりますが。

なくなるものが多い中、
巷で見かけなくなっていた森永製菓のデザートアイス
チーズスティック」の復活は、
ちょっとした驚きと、喜びをもたらしてくれました。

濃厚な味わいに改良されて、3/14に全国一斉発売だったようです。
by camuson | 2011-03-26 23:58 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 23日
キャサリン
予約購入しておいたPS3用ゲーム「キャサリン」(開発元:アトラス)ですが、
土曜日の午前中と日曜日の夕方に少し時間ができたので遊んでみました。

私はアトラスのゲームは、「ペルソナ2」から入り、
「真・女神転生III-NOCTURNE」、「BUSIN 0」、
「DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー」とやってきて、
最近は「ペルソナ3」をイマイチ楽しめないまま放置し、
その結果「ペルソナ4」も購入していない、といった状況です。

今回、ほとんど前情報を入れる暇もなく、
恋愛サスペンス風味のアドベンチャーゲームかなと思いつつ、
アトラスへの信頼と、何より面白そうだったので購入したわけですが、
思っていたものとは随分違っていました。

一言で言えば、スタイリッシュな3D倉庫番
(「倉庫番」は昔流行ったパズルゲーム)です。
しかし、ただのパズルゲームが、演出次第で、
ここまでエキサイティングになるものかあー
と感心してしまいました。

パズルは複雑性、難易度がちょうど良く、ハマります。
ノーマルモードでまだ三層目ですが、計30回くらいは落下死、圧死、串刺死、
フォーク刺死などしてしまいました。
ゲームを進めるにつれ、パズルを解くための技が丁寧に解説されていくのですが、
そのあたりに、パズル自体の完成度の高さと製作者の自信を感じました。
パズルを解くとストーリーが進み、またパズルを解いて、という進行なのですが、
どちらかがオマケというわけではなく、バランス良く融合され、
適度なメリハリが効いていて楽しいですね。

新しいです。
個々の要素はそうでもないかも知れませんが、
今まで体験したことのない新しいブレンド具合です。

とりあえずの感想はここまでにしておき、
最終的にゴールまでたどり着いたら、またレビューしたいと思います。
いつになることやら。

キャサリン 特典 サントラCD付き
by camuson | 2011-02-23 21:00 | 生活 | Trackback | Comments(0)