人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2006年 09月 30日
新世紀エヴァンゲリオン 【印象度:97】
今月の頭から、5年くらい前に購入した「新世紀エヴァンゲリオン」のDVD(TV版+25、26話)を見返してました。見るのもやはり5年ぶりだと思います。購入当時1枚6,600円×7枚で計46,200円。劇場版も購入してるのであわせて約5万円。結構大枚つぎ込んでますね。f(^^;

TV版は30分の枠が絶妙で、スピード感リズム感がよく、「粋」を感じさせます。
オープニングの「残酷な天使のテーゼ」に始まり、エンディングの「Fly Me to the Moon」。間髪入れずにミサトっちの予告で締め。このテンポが心地よいため、1話見始めると次も次もと見る羽目になりますし、繰り返し見たくなります。これも「エヴァ」の魅力の大きな要素だと思います。(もちろん繰り返しの視聴に耐え得る中身であることが重要ですが)

ですから劇場版の25、26話はそれなりに力作なのはわかるんですが、エヴァであってエヴァでないような、なんとも違和感を感じてしまいます。(劇中リアル世界でのシンちゃんの笑顔、エプロン姿、ポッ等が見られないのもポイント低いです。)

というわけで、エヴァの劇場新作4部作が2007年夏~2008年夏にかけて公開される予定ですが、いっそのこと1作30分弱の5話で構成して、全20話の新作にしてもらえると嬉しいですね。しかも全話予告編付き。まずないでしょうけど・・・。

振り返るに、前見たときはカヲル、ゼーレ、ゲンドウ、冬月らの設定に関わる重要な発言を聞き流していました。というか予備知識がない者が2、3回聞いた程度では理解できませんので結果として流していました。ネットで関連情報をあさってみると、やたらと深い設定に驚かされますね。今更ながら触発されて、まずはキリスト教研究からと思い聖書を購入してしまいました。

「エヴァって面白い」

新世紀エヴァンゲリオン Volume 1 [DVD]
by camuson | 2006-09-30 20:00 | アニメ | Trackback(1) | Comments(0)
2006年 09月 23日
スガキヤラーメン撤退
かれこれ3年近く前になるが、会社の事務所が早稲田に引っ越して間もない頃は、界隈のラーメン屋を一通りまわってみたりしたものだ。しかし、もう一度食いたくなるような店はなく、示し合わせたようにこってり系ばっかりでげんなりしてしまい、以降、単品のラーメンを食う気力がすっかり無くなってしまった。

えぞ菊の本店の方や、いつも人が並んでいる渡なべには行ったことがないが、よほど気が向かない限り、もはや行くことはないだろう。人と一緒なら別だが。

そんな中、しばらくの間、近くで食うラーメンと言えば「ふなき」の「おでんラーメン」オンリーだったのだが、1~2年前、会社から歩いて5分以内のところに「スガキヤラーメン」が出来てからは、月に2、3回は行くようになった。

白濁の豚骨スープにおそらく魚介系のだしが入っているのだろう。あまり油っこくなくすっきりしている。チェーン店でこの独特の味は珍しいと思ったが、名古屋ではメジャーらしい。関東では高田馬場に1店舗あるのみで、在京名古屋人が地元の味を懐かしんで食べに来ることもあるらしい。
最初に食べたときはスープに味がなかったのでびっくりしたが、二回目以降は味があったので単なる店員のミスだったのだろう。
ラーメン単品で300円とリーズナブルで、ミニみそかつ丼とのセットも当初はたしか500円台でお得感が大きかったが、650円に値上がりしてからはあまり行かなくなってしまった。

ある時期からレンゲのかわりに、スプーンの先にフォークが付いた、先割れスプーンが変形したようなものが付いてくるようになった。最初はなんじゃこりゃと思い、あまり利用しなかった。しかしある時、スープと麺を同時に味わうのに、このスプーンが結構便利であることに気付く。

そんな「スガキヤ」だが、ここのところ木曜日が休みになったりしておかしいなと思っていたら9月30日をもって撤退するそうだ。

この界隈は進出・撤退の回転が速く、新しい店ほど無くなる可能性が高いので、それほど驚きでもないのだが、よく行く店が無くなってしまうのは残念なものである。

そんな中、昨日はじめてつけ麺を食べてみた。普通のラーメンよりスープにコクと辛みがあり、味がはっきりしている。かつスガキヤ独特の風味も残っており、うまかった。つけ麺用の濃いスープだが全部飲んでしまった。残り間もないがまた食べてみようと思う。

写真はつけ麺490円 ラーメンに比べると高価だが量も多い。
e0020682_232174.jpg

by camuson | 2006-09-23 23:30 | 飲食店 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 22日
野菜丼
千葉駅ペリエ地下の食堂街に和幸のかつ丼・カレーライス専門店があります。
そこで、この前、野菜丼なるものを食べました。

かつ丼ってうまいけど、決定的に野菜が足りなくない?

そこで、この野菜丼です。

ヒレかつ丼のかつの量を半分?にしたかわりに、かぼちゃとなすのフライが2きれずつ追加されています。これで、ヒレかつ丼と同じ680円です。

栄養や味のバランスを気にする人、口中調味を愛する人にはお薦めです。

その日はおすすめメニューが野菜丼だったので、迷わず選んだのですが、レギュラーのメニューには載っていなかったので、いつでも食べれるわけではないのかも。
by camuson | 2006-09-22 01:00 | 飲食店 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 20日
ひかり電話
昨日から会社の電話が非常につながりにくくなっています。

NTT東日本の「ひかり電話」(NTTのIP電話サービス)がパンクしたとのことです。

NTT東日本によると発生原因は

「連休明けの通話の集中に伴い、通話を制御しているため。」です。

NTTがやらかしてくれました。

しかも、ホームページにひっそりとアナウンスしているのみのため、

客先が事態を知らないため、

周りの人達も説明に四苦八苦しているようです。

NTTには何かと驚かされることが多いですね。
by camuson | 2006-09-20 17:49 | 技術 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 09日
とよしきだんち(2)
またまた3週間前、1週間前と「とよしきだんち」を通り過ぎましたのでそのご報告。
ちなみに前回の「とよしきだんち」ご報告はこちら

最近は工事用仮囲い板の一部に透明なものが使われているのでそこから中の様子が伺えます。

防犯性の向上も大きいですが、工事というショーコンテンツを隠してしまうのはもったいないわけで、
なかなかいい製品を開発してくれたものだと感心しきりです。

続きを読む
by camuson | 2006-09-09 21:20 | 旅・散策 | Trackback | Comments(0)
2006年 09月 04日
1周年
1年前の今日このブログをはじめました。
今日はブログ1周年記念日です。

ふりかえると記事エントリー数はこの記事を含めて52本。
ほぼ週に1回のペースです。
とはいえ2ヶ月近く放置していたこともありました。遠い目 (=_= )

累積訪問者数は354人(ユニークユーザー数)。
ほぼ1日1人のペースでご訪問いただいたことになります。
とはいえ最初の半年までの累積は40人程度で、
過疎るというよりむしろ無人状態でした。更に遠い目 (=_= )
やっと過疎状態に昇格したといったところでしょうか。

今後も週に1回くらいのペースで続けられればなと思います。
訪問者数については少しずつでも増えていけばいいですね。

では、これからも、よろしくお願いいたします。m(_ _)m
by camuson | 2006-09-04 22:30 | 生活 | Trackback | Comments(2)
2006年 09月 04日
妻は多重人格者 【印象度:80】
「妻は多重人格者」 花田深 著 集英社 2004年

週末実家に帰ったとき、母親が図書館から借りてきていて薦められた1冊。滅多にないことなので読むことにしました。

多重債務と多重人格のコラボ。
解離性同一性障害(以下多重人格と言ってしまいます)患者の夫によるノンフィクション手記。

【前半】多重債務編
  借金の取り立て地獄。
  家庭崩壊の危機。
  ( ̄ー ̄)
  (((( ;゚ Д ゚ ))))
  恐怖。
  ネガティブ。
  最期の覚悟。

【後半】多重人格編
  多重人格発覚。
  見える敵へ。
  ポジティブ。
  感謝。
  統合・消滅。

キーワードはこんな感じですかね。

「多重人格に気付かない悲劇」に焦点をあてた作品と言えるでしょうか。
一歩間違えれば、悲惨な結果になっていました。

多重人格もだいぶ世間に認知されましたが、まさか自分が、または身内が多重人格者だとは夢にも思わないですよね。ふつーは。挙動がおかしい場合、疑ってみるのも悪くないかも知れませんね。

この作品は日本人の、しかも身内(夫)による手記なので「ビリー・ミリガン」と比べると、より身近で現実的な感覚で多重人格を捉えることができました。

登場場面は少ないもののヤマジというキャラが作品にアクセントを与えています。事実は小説より奇なりと言いますが、なまじフィクションではヤマジは作れないだろうな。

妻は多重人格者
by camuson | 2006-09-04 21:00 | 書籍 | Trackback | Comments(0)