人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2011年 04月 30日
虐殺器官 【印象度:87】
2007年発表の近未来軍事SF作品。

時代設定は明記されていませんが、せいぜい20~30年くらい先の未来でしょうか。

と思いましたが、
主人公が、映画を中心に80年代あたりから現在までの作品を引用しまくる一方で、
現在以降の近未来作品からの引用が皆無であることを考えると、
近未来ではなく、近未来的パラレルワールドが舞台と考えるのが自然ですかね。
まあ、近未来の作品を引用しまくられても読者はチンプンカンプンですが(笑)

東欧、中東、南アジアあたりに、内戦の嵐が吹き荒れ、
核兵器攻撃によるクレーターが、いくつも形成され、
大国が情勢をマネージメントするための効率的手法として、
これまで表向きには凍結されていた要人暗殺が一般化し、
アメリカ合衆国では、軍事のシロウトCIAの二の轍を踏まぬよう、
国軍として要人暗殺専門の精鋭部隊に力を入れる一方で、
人海戦術的な周辺部分は、PMF(民間軍事会社)にアウトソースするような
世界設定。

内戦地では、子供が銃を持ち、
他に情報を与えられることもなく、幼くして命を落としていく一方で、
通常の文化圏では、あらゆる人物、事物の行動が記録・集約されて、
それらの情報を視覚化するレイヤを重ねた空間の中で生活が営まれ、
都市基盤や移動体など自律的なコントロールが必要な部分の動力源として、
生体から切り取った人工筋肉を活用する程度にテクノロジーは進展している。

主人公「ぼく」は、国家暗殺部隊に所属する20代前半のアメリカ人青年。
暗殺執行ユニット(4人1組)のリーダー格で動いているが、
軍人として育てられたわけではなく、ごく一般的な教育を受け、
映画や文学に詳しく、繊細な思考をする文化系の人。

殊に、要人暗殺のように、情勢に応じた柔軟な対応を要するミッションにおいては、
テクノロジーの進展が目覚しいとはいえ、人間の能力には、いささか及ばず、
精鋭部隊が直接乗り込んで、事を成す必要がある。

内戦地の子供たちが、殺人マシン(または被殺人マシン)であるのと対照的に、
暗殺部隊には、柔軟な思考力が必要であり、
チームでひとつの目的を果たすための情操が必要であり、
結果、普通に人間的で繊細な人たちによって組織されている。


この物語は、そんな暗殺部隊に所属する主人公の
心の葛藤が軸となって進んでいきます。

近未来的パラレルワールドの中に、
現代の地球上でおきている争いごとの問題を、
より際立たせて落とし込んだその世界設定がすばらしいです。

ただ、緻密な世界設定と、冒頭のあまりにも鮮烈な死のイメージと比べると、
虐殺器官の話がいまひとつ心に刺さって来なくて、
終盤、盛り上がりに欠けたかなあと思います。

虐殺器官 (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)
by camuson | 2011-04-30 21:58 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 25日
劇場版 マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~ 【印象度:75】
マクロスフロンティア劇場版2部作の後編。
新宿バルト9で見てきました。
公開から2ヶ月ほど経っていますが、
そこそこの大スクリーン(横幅11m)で見ることができました。

作品を見終えての感想ですが、どこかはじけきれずにモヤモヤ感が残りました。

テレビ版でそこそこ綺麗に終わっていたので、どうするのかと思っていたのですが、
大きな設定はそのままに、役者の役どころを変えて再構築しています。

その結果、テレビ版にはあった大きな驚きや悲しみが一部無くなっています。
ですが、それを超える驚きや感動を創り得ていないなと感じました。
歌と戦闘の派手な演出などは期待に十分応えていて楽しめますが。

テレビ版では、SMSオーナーが謎めいていて良かったので、
劇場版で新たな展開があるのかなと勝手に期待していましたが、
もはや、パラレルワールドの違うお話しになっていることもあって、
テレビ版との連続性は放棄してしまっているようです。

終わり方は、多少唐突感がありますが、その後を想像させるという意味では、
狙いは悪くないのかなと思いました。

4年越しの物語が、ついに終幕を迎えましたが、
シリーズ後継作品など、意外なところ、意外なタイミングで、
本作品の後日譚が紐解かれることを楽しみにして。

関連記事:
劇場版 マクロスF 虚空歌姫~イツワリノウタヒメ~ 【印象度:85】
マクロスF 【印象度:93】
by camuson | 2011-04-25 22:19 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2011年 04月 15日
ふしぎの国のアリス(Alice's Adventures in Wonderland)【印象度:70】
1865年に発表されたイギリス人作家ルイス・キャロルによる児童文学。

英語原本読書2作目。講談社英語文庫を購読しました。
日本語の訳本とか、映像作品とかは見たことありません。

1月から読み始めたので3ヶ月くらいかかってますね。
ここのところ読書できる時間が、外で昼飯を食べるときと、
出張の移動時くらいしかなかったですからね。

さて、作品の中身についてですが、
結構、言葉遊びの比重が大きいので、
原文で読まないと、かなり厳しい作品だと思います。
(相当な超訳でないと、読んで楽しめるレベルにならないという意味で)

児童文学とは言え、けっして読みやすくはないです。
前に読んだ「チョコレート工場の秘密」の方が、
はるかに読みやすいです。

私の英語スキルの問題も多分にあると思いますが、
たぶん、語り口として、
おはなしを面白く思わせるための
含みを持たせるような表現が多いのではないかと思います。
明解さよりも、興味を引くための雰囲気重視ですかね。

で、おはなしの中身は、というと、
現実上想像上の様々なキャラクターが、次々と登場して、
展開の突拍子の無さは、飽きることがなく、
まさにワンダーランドなのですが、
ひとつひとつの話が、あまりオチることなく繋がっていくので、
(そのこと自体が最終的なオチにつながっているのは置いといて)
あまりパキパキと読み進められなかった気がします。


本作品を読み進める上で、
本作品から影響を受けた厖大な数の作品の存在が、
非常に大きなモチベーションとなりました。

今まで、間接的な知識で、おぼろげに想像していた作品世界について、
原典をあたってみて、その違いに新鮮に驚いたりするのも、
これまた一つのアドベンチャーと言えるわけで、とかうんぬん。
正直、作品中のアドベンチャーよりも、むしろそちらの方がおもしろかったです。

ふしぎの国のアリス ― Alice's adventures in Wonderland 【講談社英語文庫】
by camuson | 2011-04-15 20:42 | 書籍 | Trackback | Comments(0)