人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2012年 02月 22日
TIGER & BUNNY 【印象度:87】
2011年春・夏2クールで放映されたアニメ。
Blu-ray購入視聴、何とか最後まで完走しました。
amazonから9巻が届いたときに、家電でも入ってるのかというくらいの
バカでかい箱でビックリしましたが、
全巻収納ボックスのおまけが付いていたためでした。
ほんとビックリするわー。


超能力を有するヒーロー達が、市民を守るために悪と戦う様子を、
TVショウにしてお茶の間に実況中継し、
ヒーロー達はプロスポーツ選手のごとく、
戦闘スーツの一部にスポンサーロゴを付けることで、
ヒーロー業が商業的に成立しているという設定です。

実際にSoftBank、amazon、PEPSI NEX、牛角、USTREAM、
Calbee、DMM.com、FMV、高須クリニックなどのロゴが使われていて、
その広告料がアニメ製作資金の一部に充てられるという
斬新なアイディアが光る意欲作です。

従来型特撮ヒーローものを咀嚼した上での、
パロディー的なシリアスヒーローものとして、
本作でキャラクターデザインを担当している桂正和が
過去に手がけた漫画作品「ウィングマン」が真っ先に思い浮かびますが、
本作はその大人向け発展形というような見方もできるかも知れません。

序盤は緻密に作り込んだ設定が明らかになっていくのと、
世相をシニカルな視点で切りながら、上質なコメディに転換するのに成功しているのと、
現代社会的職業人であるヒーロー達の持つ悩みに身の丈で共感できるのと、
ヒーロー達のキャラクターのバリエーションの豊富さのワクワク感と、
オープニングテーマとエンディングテーマの爽快感と、
1話ごとにオチが付くメリハリ感と
CGと手描きが上手く融合した作画のゴージャス感と、
主人公2人の微妙な距離感などが、
いいバランスで配合されていて、
計り知れないポテンシャルを感じてしまったものです。
そんな風に考えていた時期が俺にもありました。

しかし、2クール目に入り、テーマ曲が変わって爽快感がなくなるとともに、
話の展開も爽快感がなくなっていきます。
懐の広い世界観が創れていたにもかかわらず、
復讐劇を中心にした、狭くて、厚みのない、
ありきたりな展開にハマっちゃうんですよね。
そして、作画の崩れがそれに追い打ちをかけてきます。
今まで気にならなかった部分が急に気になり始めたのかも知れませんが。

失速というより拙速な展開だったと思うのですよね。
他のヒーロー達のエピソードと絡ませて厚みを持たせるとか。
社会風刺的なトピックをどんどん折り込んでいくとか。
可能性がいくらでもあって、期待感が大きかっただけに、
いろいろと残念感が大きいです。

続編に続く終わり方なので、なおさら悔やまれるのですよね。拙速が。

でも、久しぶりにワクワクさせてもらったのも事実なので。
それは評価します。


TIGER&BUNNY(タイガー&バニー) 1 [Blu-ray]
by camuson | 2012-02-22 22:19 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 05日
うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~ 【印象度:93】
2010年発売のPS3用ノベルゲーム。

原作は、竜騎士07率いる07th ExpansionによるPCノベルゲームで、
孤島を舞台にしたクローズドサークルミステリ風味で、
全8部作で構成されています。原作は未プレイです。

本作はその内の第1部から第4部までを
PS3用にカスタマイズしたもので、
原作テキストはほぼそのままに、
アニメ化の際の声優達によるフルボイスが追加され、
グラフィックが全面的に書き換えられています。

前のシリーズ「ひぐらしのなく頃に」では、
私はアニメから入ったのですが、
日本の山村における土着系ホラーミステリの雰囲気が良く出ていて、
高く評価しています。(過去記事参照:ひぐらしのなく頃に(アニメ)
続いて原作PCゲームの第1部「鬼隠し編」もプレーしましたが、
時間が掛かり過ぎるところが、厳しいなと感じ、
続きをやりたい気持ちがありながらも、
結局やらず仕舞いになっていました。
アニメの2期も原作をやってからと思っていたので、
結局見ず仕舞いになっています。


さて、前置きが長くなりましたが、本作についての感想です。
昨年の12月暮れ、冬休みが始まってからプレイし始めたのですが、
総合的なエンターテインメントとして驚くほど質が高くて、かつ新しく、
あまりの面白さに、やめどきを失ってしまうような状況です。
70時間かかると言われていますが、なんとか1ヶ月程で終わらせました。
中毒気味でやめられず、矢継ぎ早に続編を購入してプレイしているところです。

1986年10月4日、5日に伊豆に浮かぶ孤島で起きた連続見立て殺人事件が、
第1部から第4部まで、それぞれパラレルに、
現実世界と魔女が跋扈するファンタジー世界が混ざり合って展開され、
その上位空間では、主人公の青年が、ファンタジー(魔女)を否定するために、
すべてをミステリ(推理)として説明すべく、
魔女と思考ゲームを戦っていくという、
一見矛盾した作品構造をとっていて、
読者も主人公の立場で推理を進めていく事になります。

竜騎士07は、地の文章の表現が若干くどいところもあり、
あまり文章は上手くないと思うのですが、
キャラクターづくりと、キャラを特徴付ける台詞表現のセンスがずば抜けているのと、
常に読者の予想の斜め上を行く怒濤の超展開の発想のぶっ飛び方が凄まじく、
これまでのミステリの常識の枠を、軽々と飛び越え、
ファンタジーとの融合を果たし、読者を煙に巻きつつ、
なお、ミステリとして読者に挑戦を仕掛け続ける新しいスタイルを発見し、
作品として昇華しているところに、思わず感心してしまいます。

そして、CV(Character Voice)ですが、
声優達の仕事が見事というほかありません。
絵に動きがない分、声優達の演技にも熱が入っています。
アニメ作品ではこれほど声優の熱演を堪能できる作品は見つからないと思います。
この手の作品としては大人の登場人物がやたら多く、
渋みのある声の演技を堪能できるのも本作の特徴です。

そしてグラフィックですが、
2009年に放送されたアニメ化作品が、
女性によるキャラクターデザインということもあり、
少女漫画的な細かく細い線描なのに対して、
逆に本作のグラフィックはアニメ的な、
スッキリと洗練された美麗なデザインとなっていて、
アニメのように原画の間を埋めるための安価な外注などは不要ですから、
作画崩壊とはまったく無縁でもあります。

そしてまた音楽が品格があって、作品の雰囲気を高めています。

脚本と声とグラフィックと音楽のすべてが、高い質で融合しており、
小説とアニメの間に位置する今までにない新たな総合エンターテインメントとして、
その立ち位置を確立しているなと感じました。

原作の竜騎士07によるヘタウマなキャラ絵も悪くないのでしょうが、
正直、原作をリアルタイムでやらずに、
最初から、総合的完成度の高い本作をプレイできたことは
ラッキーだったと思いますね。


原作では終わり方に不満の声も上がっているやに聞いていますが、
とにかく続きが気になります。


うみねこのなく頃に ~魔女と推理の輪舞曲~

「うみねこのなく頃に散 ~真実と幻想の夜想曲~」のレビューはコチラ
by camuson | 2012-02-05 20:56 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 04日
三陸海岸大津波 【印象度:92】
1970年発表。文庫版を読みました。

吉村昭は中学生のとき親父の本棚にあった「羆」「魚影の群れ」
あたりを読んだことがあって、
県立高校の入試で「ハタハタ」だったか「魚影の群れ」だったかが
たまたま国語の読解問題に出てきて、ラッキーだった記憶があります。
吉村昭を読むのはそれ以来ですね。

人に恵をもたらす自然は、時にはうってかわり、
人の生活、命を、翻弄し、簡単にひねりつぶす・・・
そのさまを硬質な筆致で描き出していきますが、
底流には、土地の自然にすがるしか術のない人の業
に対する慈しみが感じられるのですよね。
これまで読んだ著者の作品にも共通するところです。

本作は三陸海岸で過去発生した大津波についての記録文学です。
(1)明治29年(1896年)の津波
(2)昭和8年(1933年)の津波
(3)昭和35年(1960年)チリ地震津波
の三者三様の津波を取り上げています。


(1)明治29年(1896年)の津波

死者2万人以上に及ぶ、3.11に匹敵する被害でした。

本作取材時から70年以上も前の出来事ということもあり、
生存する被災者が少なくなり、生の記憶が消えかけていた時期でした。
そんな中、かき集められた記録が再構成され、
日清戦争直後の東北の漁村の住民の息づかいが感じられる
読み物として心に響きます。

中でも印象的だったのは、
土砂に完全に埋まってしまった死体を探すための
生活の知恵から出たテクニックが紹介されていたことです。
なかなか生々しいです。


(2)昭和8年(1933年)の津波

明治29年の津波に比べると被害は小さかったのですが、
真夜中の大きな地震で、津波が来ないことを確認して、
再び寝込んだところで、多くの被害が出ていて、
死者・不明者が約三千人に至りました。

被災者が被災当時に書いた手記がたくさん残っていて、
当時の様子が生々しく甦ります。
田舎の漁村で、住民による被災時の詳細な記録が残ることが、
とても貴重なことだと感じ入りました。
一般庶民がものを書き残す文化が、長く根付いていることの貴重性です。

そして、多くの中から選び抜いた手記ではあるのでしょうが、
そのすべてが、簡潔で無駄がありません。
くどくどした部分が一切なく、心動かされます。
方言なのかもしれませんが、
「ノゴノゴ」とか「ミリミリ」などの独特な擬音表現が多くあり、
ことが尋常でない様子をさらに際立たせています。

また、小学生の作文が大量に残っているのですが、
小さい視野だからこその臨場感がそこにはあります。


(3)昭和35年(1960年)チリ地震津波

チリ近海で起きたM9.5の大地震に起因するもので、
国内で105名の死者を出しました。

気象庁はハワイで死者60名の津波被害が起きたことを承知しながら、
日本まで到達すると考えず、津波警報を発令しませんでした。

まさに地球の裏側で起こった地震ですが、
津波による国内死者はピンポイント的で、
岩手県大船渡53名、
宮城県志津川町41名、
北海道浜中町11名
となっています。

地形的な特長によって津波が増幅されたのではなかろうかと思いました。

三陸地方では、この津波について、変化の周期が緩慢なことから、
「のっこのっこ」とやってきたと表現したそうです。


三陸海岸大津波 (文春文庫)
by camuson | 2012-02-04 13:25 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 02日
近頃の>>2
年が明けてからもバタバタしておりますので、
質の高い>>2でお茶を濁しつつ、
自分用メモとして残しておくこととします。


①【音楽】ホイットニー・ヒューストン、全財産浪費で自己破産寸前[12/01/24]<ニュース[芸スポ速報+](2012/01/24(火) 15:05:57.30)>
元スレURL:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1327385157/

(感想)>>2(スレ立て後28.62秒後)で終わったようで終わってませんが、
>>4(スレ立て後63.72秒後)でほぼ終わったと言っても過言ではないのではないでしょうか。
もう20年前になるんですね。感慨深いです。


①【音楽】ホイットニー・ヒューストン、全財産浪費で自己破産寸前[12/01/24]<ニュース[芸スポ速報+]>

1 名前:やるっきゃ騎士φ ★[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:05:57.30 ID:???0
ホイットニー・ヒューストンが全財産を浪費し、
次のアルバムのギャラを前払いしてもらって生活をしていると報じられている。

コカイン中毒を乗り越えたホイットニーは、
契約しているレーベル会社アリスタの好意で支えてもらっていると、
ある関係者はレーダー・オンラインにコメント。
「ホイットニーの財産はもうありません。音楽業界の大御所と彼女のレーベルが
次のアルバムのギャラを前払いしてサポートしています。
でも、そのアルバムがいつ出るのかは未定。周囲の助けがなければ
ホームレスですよ」と言っている。

金銭的にはかなり厳しいらしく、わずかなお金さえも友達から借りている状態
らしい。
「誰かに電話をして100ドル(約7,600円)を借りたと聞いています。哀れです。
マライア・キャリーなみの金を持っていてもおかしくないのに、完全に破産状態
です」とのこと。

ホイットニーは2001年8月に、6枚のアルバムで1億ドル(約76億円)という
音楽史上最高額の契約をアリスタと結んだことで有名だが、この金もすべて
使ってしまったようだ。

ソースは
http://www.cinematoday.jp/page/N0038735
ホイットニーにも不況の波か - ホイットニー・ヒューストン
http://s.cinematoday.jp/res/N0/03/87/v1327372876/N0038735_l.jpg


2 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:06:25.92 ID:mp+DIBsV0
えんだああああああああああああああああああああああああああ


3 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:06:53.34 ID:uUowdmLk0
素晴らしい
金持ちは浪費して破産してこそ世の中の為になる

4 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 15:07:01.02 ID:0IpeDzr80
いやああああああああああああああああ


6 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:07:42.63 ID:cNWG/FYo0
>>2,4 はえーーーーーーーーーーーーーーーーよw

12 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:09:43.53 ID:YEbwP+l10
>>2
よくやった

78 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 15:29:44.75 ID:akJtDVzW0
>>2
GJ!

104 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:38:07.16 ID:9g0Djutm0
>>2>>4
おまえらみたいな馬鹿がいる日本に生まれて
俺は正直すごく幸せだ

132 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 15:49:21.90 ID:dE0ly+Pf0
>>2
うむ

165 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 15:59:46.32 ID:+BndcvA+0
>>2
ありがとう

255 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 16:33:58.70 ID:IebHWeQV0
>>2
>>4
おまえらのやる気の感動した!

351 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 17:25:47.80 ID:Y+bdQ+eT0
>>2

357 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 17:28:41.10 ID:vGkqSdLx0
>>2
思い出した
タイタニックのテーマ歌った人か

681 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 00:17:11.89 ID:A3uYVUV30
>>357

463 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/24(火) 18:33:31.94 ID:wsNm+4ml0
>>2で終了してる

499 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 19:10:39.65 ID:ONTMCm2o0
>>2
円だあーくれーくれーもおっとくれえええ~

535 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/24(火) 20:30:55.99 ID:43L1KHA40
>>2
さんまの影響って大きいと思った瞬間である

699 名前:名無しさん@恐縮です[] 投稿日:2012/01/25(水) 00:51:45.76 ID:QEfEr0dk0
>>535
バカじゃねーのwww
日本人なら誰でも聞いたらコー聞こえるだろw

843 名前:名無しさん@恐縮です[sage] 投稿日:2012/01/25(水) 14:46:49.06 ID:QlrRd5Q40
>>2
今日一番笑った




▲元に戻る


追記(2012/02/12)
ホイットニー・ヒューストンさん(48)が、2月11日にお亡くなりになりました。 ご冥福をお祈りいたします。 合掌(-人-)
by camuson | 2012-02-02 21:13 | ニュース | Trackback | Comments(0)