人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
<   2018年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2018年 09月 27日
地球へ… 【印象度:45】
1980年公開の劇場アニメ。レンタルDVD。

映画公開当時はプロモーションが盛んで、
竹宮恵子画の金髪赤目でヘッドホンを装着した中性的な人物画と
ダ・カーポによる主題歌が強く印象付けられています。。

と言っても、当時小学生だったこともあり、
劇場に行って作品を見るには至ってなかったので、
今回38年の時を経て鑑賞することとしました。

続きを読む
by camuson | 2018-09-27 21:56 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 16日
第33回 田沢湖マラソン(フル<30kmリタイア>)
田沢湖1周が、だいたいハーフ21kmなのですが、
フルの場合前半湖が見えないところをウダウダと走って、
後半から湖を1周するというコース。
田舎のレースなので、制限時間を気にしてなかったのですが、
5時間ペースで時間制限があったようです。
冬場ならいざ知らず、この暑い時期での5時間は結構厳しめですね。

30kmの関門でDNF(途中リタイア)。
時間制限に引っかかったのは、初めての経験でした。
強制終了者はバス1台では足りないくらいいたと思います。
残念ながら、たつこ像を見ることなく、バスで引き返し。


マラソンのついでに、観光もガッツリやってます。よろしければどうぞ。
秋田・岩手 旅ラン(その1)
秋田・岩手 旅ラン(その2)
秋田・岩手 旅ラン(その3)

続きを読む
by camuson | 2018-09-16 10:00 | ランニング | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 16日
秋田・岩手旅ラン(その2)
9/16(日)「第33回 田沢湖マラソン」を絡ませた一連の旅ランの旅・観光編です。

<2日目旅程結果>
06:00 起床
06:15 朝風呂
07:00 朝食

08:20 駐車場到着
08:55 会場到着

10:00 フルマラソンスタート
13:40 30km地点リタイア

14:30 ご飯、豚汁(以上、無料)、たこ焼き

19:30 秋田到着

続きを読む
by camuson | 2018-09-16 07:00 | 旅・散策 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 15日
秋田・岩手旅ラン(その1)
9/16(日)「第33回 田沢湖マラソン」を絡ませた一連の旅ランの旅・観光編です。

夏場は北の方が多少なりとも涼しいので、また東北へ。

<1日目旅程結果>
06:32 東京発
08:45 盛岡着
09:30 盛岡城跡公園
10:25 岩手銀行赤レンガ館
11:00 もりおか啄木・賢治青春館
11:50 盛岡てがみ館
12:30 天ぷらそば@東家
13:05 もりおか歴史文化会館

14:20 盛岡市先人記念館
15:00 中央公園
15:30 盛岡市遺跡の学び館

15:50 原敬生家
18:00 川口温泉奥羽山荘
19:00 夕食

続きを読む
by camuson | 2018-09-15 07:00 | 旅・散策 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 13日
ピンク・フラミンゴ 【印象度:40】
1972年のアメリカ映画。レンタルDVD。

世界で一番下品な人間と称されるドラァグ・クイーンが主人公。
ある夫妻が、その称号まかりならんと、
挑戦を仕掛けてくるというおバカ映画。

続きを読む
by camuson | 2018-09-13 21:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 12日
虚無への供物 【印象度:89】
1964年発表。電子書籍版を購読。

三大奇書の一つとされています。
他に「ドグラ・マグラ」は既読。
「黒死館殺人事件」は5年以上前に文庫版を購入し読み始めたのですが、
あまりにペダンティックで話の展開が遅かったので、
いつしか読まなくなり放置。
その後電子書籍版が無料だったので、再度読み始めたのですが、
再度放置というような状況です。

本作は電子書籍版を2年半前に購入して途中まではさくさくと読んでたのですが、
久生十蘭を読んだのは本書の影響だったことを思い出しました)
途中で、諸事情で中断して、そのまま放置してました。
再度最初から読み始めて、無事読み終えることができました。

続きを読む
by camuson | 2018-09-12 21:30 | 書籍 | Trackback | Comments(0)