人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:こ ( 40 ) タグの人気記事
2014年 01月 14日
孤島パズル 【印象度:85】
1989年発表の推理小説。電子書籍を読みました。

アリスという作中登場人物による一人称記述となっており、
気取らない語り口調が読みやすいです。
たまに難しい表現や引用を気取ったりしますけど。


宝探しのパズルが仕掛けられた南洋の孤島。
ロケーション、シチュエーション
雰囲気は文句ないです。大好きです。

ただ、肝心の推理の部分が、ごちゃごちゃしていて、かつ
足元が弱くて、吹けば飛ぶような感じなんですよね。


地図を落としちゃったり、それを自転車で踏んじゃったり、
あり得なくはないけどとても不自然。
荷物持って移動するのにバッグの類は持っておけよと。
裸で荷台に紐で縛り付けるて。

また、移動手段として自転車が重要視されているのですが、
少し体力あればランニングでも同程度のスピードで移動できると思ってしまうと、
何時に自転車が何台あったかとか、どうでもよく感じてしまうのですよね。

作者からの挑戦状のところまできて、一から斜め読みしましたが、
上記のようなこともあり、緻密にロジックを組み立てる気力はありませんでした。

犯人が誰だったら最もインパクトがあるかという視点で、
犯人を決め付けて答え合わせへ。

解答編の途中までは、やっぱりそうなのか、
彼女を呼ばなかった理由は彼女が犯人だからなのかぁあああ!!!
自分の犯行ルートをうっかり披露しちゃったお茶目さんなのくわぁああああ!!!!
とドキドキしたのですが、とんだ見当違いでした。


第1の殺人の密室の謎は、なるほどと思いました。
第2第3の殺人より全然納得感があります。ドラマもあって好きです。

3年前の事件も結構ひどいですね。
魔が刺すということがあるとはいえ、雑すぎないでしょうか。
あのキャラ、言うほど悪い奴じゃないと思っていたので、
もう少しフォローがあればよかったかなと。


孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)
by camuson | 2014-01-14 22:05 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 23日
こんにちはチェブラーシカ 【印象度:85】
1969年発表のソ連のストップモーション人形アニメ。
レンタルDVDで見ました。
原作の絵本は未読です。

本作は年月を隔てて作られたシリーズ作の第1作目。
第1~3作までは20分程度、第4作は10分程度で、一気に見ましたが、
本作第1作のクオリティが一番高いと思いました。

キャラクターの愛らしさが半端じゃないです。
特に細かいまばたきによる表情の表現がすばらしいです。
造形のディテールの作りこみと、大胆な単純化のバランス感覚も絶妙です。
職人芸術の域に入っているので、
お話の内容的には子供向けなのでしょうが、
大人でも十分に楽しめます。


ピクサーなどによる3DCGアニメの商業的台頭で、
手間のかかるストップモーションアニメは、
技術的には3DCGに置き換わってしまうのかなと思ったのですが、
独特の空気感、実物感、手作り感が、
3DCGでは出せない味として見直されているようですね。
2010年に日本人によって「チェブラーシカ」の新作がつくらています。

更に調べてみたところ、
2013年のアメリカ製アニメ映画「パラノーマン ブライス・ホローの謎」では、
3Dプリンターを駆使して、
3DCGモデルを、あえてストップモーションアニメ化する
という面白いことをやっているようです。
この作品も機会があれば見てみたいです。


チェブラーシカ [DVD]
by camuson | 2013-11-23 20:28 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 20日
コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれた翼竜」 【印象度:85】
出張から帰ってきたら21時半くらいだったのですが、
ふと上映中であることを思い出し、
新宿バルト9で23:10~の回を見てきました。
200人以上の席に20~40代の男性10人程度でしょうか。
ゆったり見ることができました。

ブリタニア帝国と戦闘状態にあるEUの話。
主人公たちはEU側。
本章では主人公含めた5人+αの奇襲攻撃部隊を
ロケットで敵陣背後に送り込むという
ささやかな大作戦を大仰に描いています。

戦闘描写は文句ありません。笑っちゃうくらいです。
ギアスの力か何かでコントロールを超えた集団バーサク状態。

キャラクターがたくさん登場するのですが、
深堀りする時間もなく、なかなかキャラの個性が立たない感じです。
だからと言って話が進んでいるわけでもなく、
後で収集付かない臭が強いです。
旧キャラクターが数十秒出てきますが、
まだ主要登場人物と絡むところまで行きません。

アニメシリーズの2話分程度の長さなので、
せめて6章までは欲しいところです。
by camuson | 2013-09-20 22:53 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 26日
荒野の七人 【印象度:60】
1960年のアメリカ映画。レンタルDVDで見ました。

黒澤明の「七人の侍」のリメイク権を買い、西部劇に仕立て直したものです。

全体的に薄くて軽い感じに仕上がってますね。

七人の侍を見た後で見ると、
ところどころで取って付けたようなシーンがあって笑えます。

3時間半の大作を2時間に縮めているので、
深みを出せないのは仕方ないところですが、
薄っぺらさの一番の要因は、
メキシコ農民に切迫感が感じられないところかな。

などと思いつつ、後にwikipediaなどで調べたところ、
メキシコ政府からメキシコ人を汚く貧しく描かないように
要請とがあったとのこと。
いろいろ難しいものです。


荒野の七人 (特別編) [DVD]
by camuson | 2013-08-26 22:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 20日
こんなにも面白いローマ帝国1500年の歴史 【印象度:70】
あらやだ。
歴代ローマ皇帝のほとんどが性倒錯者じゃないですかー。
こちらの無知もあるのですが、びっくりですよ。

面白エピソードが多く読みやすく、
古代ローマ史について、広く浅く、でもある意味濃く
ざっと雰囲気をつかむのには格好の書です。


こんなにも面白いローマ帝国1500年の歴史 (KAWADE夢文庫)
by camuson | 2013-08-20 21:03 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2013年 03月 16日
コードギアス 亡国のアキト 第1章「翼竜は舞い降りた」 【印象度:89】
2012年公開の劇場アニメ。Blu-ray DISCを購入視聴しました。

コードギアス 反逆のルルーシュ」のスピンオフ作品です。
本作第1章は50分。第2章は1年後の今年夏公開予定で全部で4章
というあまり類例のない公開方式です。

レビューの単位をどうすればよいか迷いました。
第4章までで1作品とするべきか、それぞれの章単位でレビューするべきか。
エヴァ新劇場版のように連作でも1作100分あれば、あまり迷わないのですが、
仮に50分×4話だと、テレビ放映の1クールに満たないですからね。

似たようなボリュームのOVAだと、
例えば「KARAS」は、2年5ヶ月で全6話、計180分。
「マクロスゼロ」は2年で全5話、計172分。
「KARAS」はすでに1作品としてレビュー済みです。

悩ましいところではありますが、
劇場でお金を取る単位というのは重要だと判断し、
1章ごとにレビューすることにとりあえず決定しました。


前置きが長くなりましたが、作品についてです。
ロボットの戦闘シーンの出来が素晴らしいです。
前作は完全手書きが逆に売りの一つだったと思いますが、
本作はそこから一足飛びで、
最前線の3D、2D融合技術で魅せてくれます。

2Dと3Dの融合は近年のロボットアニメの一大テーマだと思いますが、
3Dモデルの部分が重すぎたり、嵩張った感じになったり、
うまくなじまないことが多かったのですが、
試行錯誤の積み重ねにより、急速に融合技術が定着してきているようですね。
違和感を感じさせない、とても気持ちのいいシャキシャキ感でした。
(特典としてメイキングがあり、そちらで詳しく解説されていますが、
とても興味深い内容となっています。)


ストーリーの方は、日本がブリタニア帝国に武力制圧され、
日本の国家が崩壊したことにより、
元日本列島だけではなく、ヨーロッパにおいても、
元日本人は社会的に最下層に位置づけられ、
収容生活を送るか、EUのために戦争の最前線で命を賭けて闘うかを
迫られるという状況設定のようです。

第1話という事もあり、これらの状況設定や世界観の浸透を図るのに手一杯で、
ドラマが進むところまで至っていないので、
前作に比べると薄味に感じられます。

主人公2人のキャラも悪くないのですが、
どちらも頭が良くて、はっちゃけた感じはなく、
こちらも薄味ですかね。いまのところは。

設定の懐の深さをびんびん感じるので、これからが楽しみですが、
4話じゃ尺が足りないんじゃないかと強く思います。
最低でも6話、できれば10話以上欲しいところです。


コードギアス 亡国のアキト 第1章 (初回限定版) [Blu-ray]
by camuson | 2013-03-16 23:16 | アニメ | Trackback | Comments(0)
2013年 02月 14日
こころ 【印象度:85】
1914年発表の小説。Kindle Paperwhiteで読みました。

最近Amazonのサイト内でも、
電子書籍がちらほら目に付くようになっていることもあり、
Kindle Paperwhite 3Gを衝動買いしてみました。
使い勝手などはまた別の記事にしたいと思いますが、
青空文庫からの移植で著作権切れの無料本が大量に読めるようです。

夏目漱石の本作が目に付いたので、
事始めにダウンロードして読んでみました。

本作は学生の時に教科書で読んだことがあったことから、
なんとなく作品全部を読んだつもりになっていましたが、
今回読み始めてそうではなかったことに気付きました。

思い返すに、たぶん教科書では、
終盤の三角関係になってからの部分が抜粋されていたのですが、
著者が最も苦心したであろう、核心への道筋、布石、仕掛けが
まったく無為にされています。
それでもさわりだけでも読んでおいて良かったなと思えるのも事実です。
若いときに感じた感触との違いを噛み締めて味わうことができるのは、
とても貴重なことだと思うのです。

実際のところ、序盤、中盤は、ドラマチックなことは何も起こらず、
教科書に載せるには長いしつらいです。
ですが、静かに鬱屈していて、でも謎めいていて、
先が読みたくなってしまう不思議な魅力があります。

登場人物が限られているのですが、
外見的な特徴があまり描かれないこともあり、
キャラが容易に被ってきます。
ですがむしろそれが面白く、新鮮でした。
先生もKも私も役割的には別人物ですが、
性質的にはほぼ同一人物にも感じられます。
ありがちな言い方になりますが、著者の分身なのでしょう。

そして皆変人です。
「私」が比較的まともだと思いがちですが、
先生への執着っぷりは、今で言うところのストーカーです。
「私」と先生の出会いというのが、また何とも不可思議です。
「私」は実に先生を海水浴の雑沓の間に見付け出すわけですが、
何度か読み返して確認したのですが、
この時点で「私」と先生はまったく面識のない他人なのですよ。
「私」が実に怪しすぎます。


伝通院(散策記永井荷風「伝通院」)、こんにゃくえんま、植物園などの近所の地名がちりばめられていて、
土地勘を持って読むことができたのは幸せでした。


こころ
by camuson | 2013-02-14 21:34 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 17日
コレキヨの恋文 【印象度:80】
2012年発表。
4月に購入して以来積んだままになっていましたが読みました。

副題が、「新米女性首相が高橋是清に国民経済を学んだら」
ということで、著者本人も認める「もしドラ」の便乗モノです。

ちなみに「もしドラ」は、週刊ダイアモンドの表紙になる
などのごり押しに乗せられて、購入してしまいましたが、
読まずに積んだままになっています。
あまり話題になってしまうと読むタイミングがなくなってしまう
というのが困りものです。


で、本作ですが、
2010年代に34歳で女性初の日本国総理大臣となった主人公が、
過去、大蔵大臣としてデフレ対策に辣腕を振るった高橋是清に、
年に1回タイムスリップして面会し、薫陶を受け、
デフレ対策を進めていくという史実を織り交ぜたファンタジーです。

1920~30年代は、大震災、バブルの崩壊、世界恐慌、デフレ、
そして大津波(「三陸海岸大津波」)に見舞われるなど、
現在の社会状況と酷似しているというのが着想の原点になっています。
その厳しい状況下で、見事にデフレを乗り切った
高橋是清の手法に学ぼうという趣旨です。

史実に基づいた緊張感みなぎる重厚な過去パート。
主人公のお子ちゃま首相が半ベソかきながら奮闘する軽薄な現代パート。
2つのパートが交互に進行し、ギャップと類似性を楽しむという趣向はいいと思うのですが、
仮想キャラクターが平板すぎるというか、 もう一クセ、もう一ひねり欲しい感じがしますね。
主人公が泣けば泣くほど、こちらが泣けなくなってしまいます。
史実自体はとても興味深く、それを丁寧に描いていて、
高橋是清の人となりと、是清が生きた時代の空気を感じられたのが良かったです。


コレキヨの恋文
by camuson | 2012-12-17 23:34 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 07日
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 【印象度:87】
2009年発表。

社会システム(法律、政治、経済等)における「正義(Justice)」を
どう考えていくべきかという話。

ハーバード大学で講義が大人気というのも頷けます。
事例に基づき「正義」についての分析を深めていくのですが、
取り上げる事例が面白い。
事例として最適かどうかはさておき、雑学欲をくすぐられます。


誰でも参加できるものの、
えてして平行線になってしまうテーマに真っ向から取組み、
議論の土台を整える作業にほとんどのページを費やしている感じです。
普段「正義」については考えもしなかったので新鮮でした。

ベンサムやカントやロールズやアリストテレスの哲学が、
現代の問題を解決するための生きた素材として扱われています。
こんなことでもなければ知る機会が無かっただけに有り難いです。


最終的な著者の主張は、最後の10ページくらいにまとめられていて、
共同体における「美徳」の涵養からはじめ、
共同体同士がコミュニケーションを取り、
より大きな共同体の方向性を決めていくというような話で、
みっちり主張が詰まっていますが、これ自体は特に面白くはないです。


以下、ちょっと気になったところ。

社会正義に関わるこれまでの理論や哲学を
「幸福」、「自由」、「美徳」の3つの切り口で分析・再整理しているのは、
非常にわかりやすいのですが、少し違和感もありました。
あまり厳密に考えてはいけないのかも知れませんが。

例えば、一部を結構勝手に要約すると以下のような調子です。
(私にはこんな風に読めてしまったという意味です)
(1)功利主義(最大多数の最大幸福)は「幸福」に重きを置いた結果、
少数派の個人の「自由」がないがしろになり、
少数派を切り捨てる「美徳」のない社会となる。
(2)政府の市場への介入を否定するリバタリアニズムは「自由」に重きを置いた結果、
市場競争で負けた者の「幸福」がないがしろになり、
弱者を切り捨てる「美徳」のない社会となる。
(3)政府が「美徳」を押しつける国家では、
道徳観を異にする少数派の「幸福」や「自由」がないがしろになる。

このような整理の仕方だと
3つの要素が互いに対立、競合しているように思えてしまうのですが、
実際に対立しているのは、価値観の違う個人なり、集団なりであって、
(1)ある人・集団の「幸福」を尊重すれば、他の人・集団の「幸福」がないがしろになり、
(2)ある人・集団の「自由」を (中略) 「自由」 (以下略
(3)ある人・集団の「美徳」を (中略) 「美徳」 (以下略
という単純な話があって、

それとは別に「正義」を巡り、「幸福」、「自由」、「美徳」のどこに重きを置くべきか
という側面があると思うのですが、
(3つの要素をそれなりに満足する案があるのであればそれもよし)
何かそれがごっちゃになりがちなのかなと。



これからの「正義」の話をしよう (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
by camuson | 2012-12-07 18:13 | 書籍 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 23日
こころの処方箋 【印象度:50】
1992年発行。

河合隼雄は初めて読みます。
一般向けのエッセイで、
月刊誌にコラム的に連載されていた文章を1冊にまとめた作品。
全部で55篇あります。

まったくの私事ですが月2~4回テニスをやる習慣があるのですが、
テニスに行く途中の電車内でその都度4、5篇ずつ読み進め、
ようやく読み終わった次第です。

広く一般を対象にしていて、
心理学の専門的な知識や用語を一切使用しないで書かれているので、
読みやすく、本書内で完結しています。

それはそのまま裏を返せば、
知的な好奇心をくすぐるような発展性がないということで、
心理学の入門書たり得ないし、
そもそもそれを本書に求めてはいけないのでしょう。

著者が正直な人だというのはわかるのですが、
ちょっと古臭く感じるありきたりな典型事例と、
最終的に常識的なところに落ち着かせる作風に、
これといった面白みを感じませんでした。
起承転結の転がないというか、驚きがないのですよね。
学術的裏付けがあるのか、勘や経験知で言っているのかもよくわからないし。
著名な臨床心理学者が、人の心はよくわからないと
一貫して言っているところに本書の価値があるとは思いますが。


著者の最も売れている代表作になってしまっているようですが、
読む人を選ぶ作品だと思います。

他の専門的な作品を読んでからだと、ひと味違ったのかも知れません。


こころの処方箋 (新潮文庫)
by camuson | 2012-09-23 17:19 | 書籍 | Trackback | Comments(0)