人気ブログランキング |
書籍
漫画
映画
アニメ
テレビ
ゲーム
音楽
タイトル
印象度
ラン
書籍索引
漫画索引
映画索引
アニメ索引
テレビ索引
ゲーム索引
音楽索引
時間
空間
人間
ランまとめ
タグ:印象度:70 ( 82 ) タグの人気記事
2009年 12月 24日
インデペンデンス・デイ 【印象度:70】
テレビ自体ほとんど観ないので、テレビで映画を見るのも
数ヶ月ぶりか、数年ぶりか定かではないですが、
日曜日にM-1の後にやっていたのを視ました。

1996年公開のアメリカ映画。

以下、感想です。

タイトルは聞いたことがありましたが、中身は全く知りませんでした。

この映画を一言で表すとすれば、USA!な映画です。
USA国民が怒っていいくらいUSA!USA!な映画です。

USA国民ではない我々が、「USA!USA!」と喜びながら見る分には
結構な映画ですが、

ネタにされている当のUSA国民はもっと怒るべきじゃないでしょうか?
全米とかも泣いてる場合ではないのではないでしょうか?

人が大量に死んでるんやけど、悲壮感が全くなく、
その他大勢だから関係ないもんって感じでいいです。
発作的な笑いを誘うところがあるので、
お茶の間で気楽に見ると楽しめる映画だと思います。

同監督の「2012」が劇場公開中のようですが、
お茶の間で見れるようになるまで待ちたいと思います。

インデペンデンス・デイ [Blu-ray]
by camuson | 2009-12-24 22:18 | 映画 | Trackback | Comments(0)
2008年 11月 30日
ラーゼフォン 多元変奏曲 【印象度:70】
原作テレビアニメの放映終了から半年後に劇場で公開された作品です。

テレビ版の補完、謎解きが主目的になっていると思われますが、
120分という限られた時間で、その目的を果たすために、
大胆に省略、改変が行われています。

連続テレビアニメの最大の特徴として、
キャラクターの深掘りが十二分に可能なことが挙げられますが、
それらはすべてテレビ版でやり遂げたものとして、
劇場版では、キャラクターの役割を見直しています。

その結果、キャラクター、特に、樹と久遠の魅力劣化は著しいのですが、
主目的は遂げられており、こんな方法もあるのかなと感心しました。

原作を見てから、見るべき作品ですかね。
この作品たらしめる細かなニュアンスは、ほぼすべてが原作に委ねられてますから。

関連する過去の記事(08/11/23):ラーゼフォン

ラーゼフォン 多元変奏曲 初回限定版 [DVD]
by camuson | 2008-11-30 16:55 | アニメ | Trackback | Comments(0)